« Angel Beats!(第12話) | トップページ | ジャイアントキリング(第12話) »

いちばんうしろの大魔王(最終話:第12話)

▼最終話
"神"と呼ばれていたシステムに運命をもてあそばれた阿九斗[ CV:近藤隆 ]。結果として、神は自らが生み出した魔王の存在に足下をすくわれた事になるんだろうか。けーな[ CV:豊崎愛生 ]の力を借りたとは言え、最後は魔王なのに正義のヒーローらしく、自分の力で運命に立ち向かっていく阿九斗を描ききった。

終盤は阿九斗が何と戦おうとしているのか、望一郎[ CV:新垣樽助 ]の存在もあって見えにくくなっていたんだけど、やっぱり主人公は最後に格好良く勝ち名乗りを上げないとね。そういう意味で綺麗にストーリーを完結させたと言えるんじゃないだろうか。最後の最後、アルヌール[ CV:寿美菜子 ]が普通に喋ったせいで、全部もってかれたけど(笑)。

▼前半と後半で別アニメ
1話の時点で、後半はシリアス展開になることは予測できていた。予測に反せず7話からガラッと雰囲気が変わった。それまで阿九斗が絢子[ CV:日笠陽子 ]とラブコメしてたり、ころね[ CV:悠木碧 ]とエロコメしてたりした雰囲気が一変。1クールアニメの常套手段とは言え、この作品急な代わりに身には少々驚いた。どうしても先入観は最初のユルい方だからな~。もう少し楽しい雰囲気が後半にもあると良かったんだけど。

▼筋の通ったキャラクター
ストーリーが急変しても、この作品の良かったところは阿九斗や絢子はもちろんけーなやころね、不二子[ CV:伊藤静 ]といったメインのキャラクターが変わらず自分の芯を持ち続けてくれたこと。どんな作品でも主人公たちの性格が豹変する作品が俺はいちばんイヤなんだけど、魔王と言われてからも、そして絢子たちと戦う事になっても、流されることのない阿九斗の信念みたいな物がはっきりと見えていた。絢子も心が揺れてはいたけれど、結局のところ阿九斗と結んだ友情の証は最後まで絢子の心のよりどころだったんだと思う。

▼動きは見事だが・・
アップコン作品ということもあり、やはり輪郭の甘さと発色の不自然さは見逃すことが出来ないレベル。まさにDVDをBlu-rayレコーダで再生するとこんな感じだな~という典型的なクオリティだったと思う。阿九斗とヒロシ[ CV:代永翼 ]の戦闘シーンとか、動きのレベルは全く問題なかっただけに、もう少しなんとかならないものかと思ってしまう。だってBlu-rayで発売してるんでしょ?

いちばんうしろの大魔王(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ARTLAND

|

« Angel Beats!(第12話) | トップページ | ジャイアントキリング(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48676924

この記事へのトラックバック一覧です: いちばんうしろの大魔王(最終話:第12話):

« Angel Beats!(第12話) | トップページ | ジャイアントキリング(第12話) »