« B型H系(第11話) | トップページ | Angel Beats!(第11話) »

デュラララ!!(第22話)

半ば錯乱気味に杏里[ CV:花澤香菜 ]を責め立てていた正臣[ CV:宮野真守 ]どうして帝人[ CV:豊永利行 ]に本当のことを言わないのか。正臣の言葉を遮って杏里が放った強烈な言葉と意志。なによりも、その杏里の強さに、正臣自身が圧倒されていた。

正臣にとって、今の黄巾族と自分の置かれた状況は、沙樹[ CV:福圓美里 ]を守りきれなかった時とダブって見えているだろうな。それは杏里を守れなかったということよりも、結局目の前の出来事から逃げ出してしまう自分の弱さ。覚悟を決めることが出来ない自分の姿と、正反対の位置にいる杏里を比べてしまったんだろう。

じゃあ、帝人は今の状況から逃げていないのか?ダラーズを解散させ、掲示板を閉鎖することが果たして正解なのか?確かに黄巾族とダラーズの抗争という悲惨な状況を回避するのは、それは手っ取り早い方法なのかもしれない。だけど、その事実を杏里が知ったらどう思うか?暗躍している臨也[ CV:神谷浩史 ]のそれこそ思うツボなんじゃないのか。クライマックス近し。帝人が、そしていつの間にかストーリーの中心にいる杏里がどう動くのか。息つく暇もない濃密な物語が続く。

そんな折、ダラーズにとって貴重な味方であり戦力である静雄[ CV:小野大輔 ]法螺田[ CV:高木渉 ]に撃たれてしまった・・。いくら不死身の静雄とは言え、流石に拳銃はまずいだろ。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

|

« B型H系(第11話) | トップページ | Angel Beats!(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48614133

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!(第22話):

» (アニメ感想) デュラララ!! 第22話 「解散宣言」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
デュラララ!!5(初回限定盤) [DVD]クチコミを見る 黄巾賊の悪行に不満を募らせるダラーズメンバー達。掲示板に書かれるメンバーの言葉を受け止めながら、帝人は事態の収集を計ろうと必死に考えを巡らせていた。一方、集会の夜に取り逃がした少女の正体に気付いた黄巾賊は、つ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月17日 (木) 17時34分

« B型H系(第11話) | トップページ | Angel Beats!(第11話) »