« 閃光のナイトレイド(第12話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第12話) »

聖痕のクェイサー(最終話:第24話)

▼最終話
あまり深く考えていなかった。当たり前のようにサーシャ[ CV:三瓶由布子 ]まふゆ[ CV:藤村歩 ][ CV:豊崎愛生 ]と、つかの間の平穏を迎えるとばかり思っていた。だからこそあまりにも唐突に訪れた感のあった別れの時。サーシャは最初から分かっていたんだろう。「まふゆのおっぱいだから好きなんだ!」と絶叫しちゃうあたりが微妙に笑いを誘うものの、これは十分にハッピーエンドだよね。

そして女の子の姿となったサーシャの横には、何故か[ CV:日笠陽子 ]の姿が!?オフィシャルサイトでは『聖痕のクェイサー/女帝の肖像』のアニメ化決定の告知。ビジュアル的には、カーチャ[ CV:平野綾 ]が主役なのか?リジー[ CV:清水愛 ]史伽[ CV:花澤香菜 ]を交えた豊胸作戦から始まり、終幕にふさわしく作品のエッセンスをギュッと詰め込んだ最終話でした。

▼これぞ真のおっぱいアニメ
単に巨乳のキャラが多いとか、おっぱいにこだわりのある主人公が出てくるアニメも、もちろんおっぱいアニメではある。しかしだ。主人公が片っ端から女の子のおっぱいを吸って戦うなんて、これを真のおっぱいアニメと言わずしてどうする。そもそもの企画自体は明らかに酒の勢いじゃねーの?と思えるくらいにバカバカしい設定だけど、これが不思議とキャラクターやストーリーがおっぱりありきの世界観で成立してるから大したもんだ。

▼おっぱいに隠れ勝ちな中身
真のおっぱいアニメであるが故、どうしてもキャラクターとかストーリーの影が薄くなるんだよね。次から次へといろいろな女の子のキャラが敵味方を問わず出てくるし、戦闘で無駄に引っ張る事もないし、テンポが良くてとっても入りやすい世界観だと思う。その一方で「サルイスーの生神女」を筆頭に、真実が分からないが故の面白さもあって、バランスは凄く良かったんだよね。サーシャの露骨なツンデレ性格も、そんな作風にちょっとスパイスを効かせる良いアクセント。作品としてのまとまりという意味では、間違えなく合格点。しかし、ここぞという面白さをストーリーに見いだせなかったというのが、俺の最終的な結論。

▼有料配信への誘導
俺も途中までWebで配信されていた「ディレクターズカット版」を後追いで見ていた。1回210円という価格設定は絶妙だったと思う。ビットレートは低くないのにコーデックが悪いのか映像の質は悪いし、音声も圧縮フォーマット独特のキンキン感ありありの最低クオリティ。それでも、このディレクターズカット版を何回か見てないと、地上波の放送では残念ながら何が起こっているのかの想像も難しいほどのトリミング。最後の方は、もはやディレクターズカット版のために、敢えておっぱい出してるんじゃないかと思うシーンも多々。有料配信に誘導することを否定はしないけど、もう少し地上波の方の見せ方を工夫して欲しかったなぁ・・。

聖痕のクェイサー(@TOKYO MX) / アニメーション制作:フッズエンタテインメント

|

« 閃光のナイトレイド(第12話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48698408

この記事へのトラックバック一覧です: 聖痕のクェイサー(最終話:第24話):

« 閃光のナイトレイド(第12話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第12話) »