« さらい屋五葉(第10話) | トップページ | 会長はメイド様!(第12話) »

B型H系(最終話:第12話)

▼最終話
1話を見たときから、山田[ CV:田村ゆかり ]は処女のまま最終話を迎え、そして作品が終了していくに違いないと思っていた。何故かと言えば、それがラブコメのお約束だからです!珍しく何度もチャンスがあった(あの故障中の回転ベッドは吹いたw)にも関わらず、やっぱり山田の初エッチはお預けに。それでも、小須田[ CV:阿部敦 ]との関係はちょっと変わってきたかな。初詣に訪れた小さな神社、最後に照れながらも小須田の顔をまっすぐ見上げていた山田の顔は、真面目に恋する女の子だった。たぶんお願いしたのはあんまり真面目じゃないことだと思うけどね(笑)。

▼キャスティングの勝利
田村ゆかり、堀江由衣、能登麻美子、小林ゆう、花澤香菜。これだけの人気声優をこれだけアホでエロな作品に集結させることができたこと。それが何よりこの作品の見所だったと言って良いと思う。まだ売り出し中の新人声優を起用すれば、もっと映像的にもセリフ的にも過激に出来たのかもしれないけれど、それだと単に「テレビアニメとしてはエロ基準が緩かった」だけの作品で終わってしまっていただろうな。やはりそれなりに演技力があって、そして声も可愛い人気声優が演じているからこそ、単なるアホな話もさらに磨きがかかるし、時々真面目なラブストーリーに見えることがホントにちょっとだけだったしね。

▼潔く笑うが勝ち
あまり深く考えず、お笑い芸人の下ネタ的な感覚で楽しんだ。そしてそれがこの作品にいちばんあってると思う。そもそもキャラデザとか絵の描き方からしてそれほど「エロ!」という雰囲気を出そうとしているようには見えないし、山田の性格と言動には竹下[ CV:堀江由衣 ]と一緒になって突っ込みを入れたくなる。そして俺の中で極めつけは宮野[ CV:花澤香菜 ]だな。宮野がいちばんラブコメっぽいキャラだったか?山田以上に突っ込みどころ満載だったな~。もう少し宮野が活躍(=空回り)するストーリーが見たかった。

▼パッケージソフトありき
随所に入るセリフの修正、そして「鬼印」によるトリミング。昨今のアニメ制作事象を考えれば致し方なし、というのも理解できるところではある。パッケージソフト(DVDとかBlu-ray)ではその規制が解除されます!というのをウリにしたい。理解はできるんだけれど、やっぱりここまで多いとちょっと見苦しいというのが正直なところだよな。別に「見せろ!」とは言わないので、もう少し演出の仕方とか絵の作り方を工夫してくれれば良いんじゃないかと。作画自体は丁寧だったし、全編通して安定して綺麗な絵だっただけに、ちょっと目障りだったかな。

B型H系(@TOKYO MX) / アニメーション制作:HAL Film Maker

|

« さらい屋五葉(第10話) | トップページ | 会長はメイド様!(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48668647

この記事へのトラックバック一覧です: B型H系(最終話:第12話):

» (アニメ感想) B型H系 第12話 「さよなら…B型H系/さらば!B型H系!!/神様!B型H系よ、永遠に」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
B型H系 1 こわいもの知らず(笑)無修正版 [Blu-ray]クチコミを見る クリスマスパーティでは途中までしか出来なかった山田と小須田。 きのうの続きをすることで頭がいっぱいの二人は、次の日の早朝からホテルへ。 いよいよというところまで行った二人だが、突然ベッドが回転を...... [続きを読む]

受信: 2010年6月24日 (木) 20時48分

« さらい屋五葉(第10話) | トップページ | 会長はメイド様!(第12話) »