« 迷い猫オーバーラン!(第10話) | トップページ | けいおん!!(第10話) »

RAINBOW 二舎六房の七人(第10話)

あまりにも平和すぎるマリオ[ CV:小栗旬 ]スッポン[ CV:朴ロ美 ]、そしてアンチャン[ CV:小山力也 ]節子[ CV:貫地谷しほり ]の暮らし。ここまで平和に毎日が過ぎてしまうと、その反動がやってくる事を想像して怖くなる。そしてそのときが遂にやってきたようです。

流石というべきか、佐々木[ CV:土師孝也 ]の冴え渡る勘のせいで、石原[ CV:石井康嗣 ]といういちばん最悪な男に見つかってしまった。俺は石原のことだから、ここでまずは節子を精神的にも肉体的にもいたぶるという卑劣な行動に出るかと思ったけれど・・・。どうやら石原の心の中にあるアンチャンへの憎しみは、そんな次元を超越して大きくなっているようだ。

それにしてもここへ来ての佐々木の行動。この醜態をさらす老人はもうさっさと消えてくれ。「なんとかしますよ」と言ってニヤリと口元をゆるめたその表情の意味は、石原を切り捨てることだったか。石原とアンチャンを同時に処分し、そして自分は何食わぬ顔でのうのうと暮らしていくつもりか。この渦巻くどす黒い感情。時代背景がそうさせているとは言え、この人間の黒い感情をえぐり出す物語の鋭さは回を追う毎に鋭利になっていくな。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« 迷い猫オーバーラン!(第10話) | トップページ | けいおん!!(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48587905

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(第10話):

« 迷い猫オーバーラン!(第10話) | トップページ | けいおん!!(第10話) »