« 聖痕のクェイサー(最終話:第24話) | トップページ | けいおん!!(第12話) »

RAINBOW 二舎六房の七人(第12話)

マリオ[ CV:小栗旬 ]の試合を見ることなく、石原[ CV:石井康嗣 ]との決着をつけるため、土砂降りの雨の中に出ていったアンチャン[ CV:小山力也 ]。もうこの瞬間から嫌な予感はそこら中に漂っていた。不穏な空気が充満していた。

そんな状態だったから、むしろアンチャンが腹を刺されたものの、致命傷には至っていないことが救いなんじゃないか。警察がアンチャンの身柄を保護してくれれば、ちゃんと治療を受けることができれば、あるいは―。そんな一縷の望みが見えた瞬間、次々と打ち込まれる銃弾。仲間のため、石原や佐々木[ CV:土師孝也 ]に自分の正義を貫き通したアンチャン。それがこんなところで・・・。

前半1クール最大のヤマ場を迎えた。しかもアンチャンを死に追いやった張本人とも言える石原は、ヒロポン(=覚醒剤)漬けの廃人と化していて、明らかに殺す勝ちすらない。マリオはそれを感じているはず。石原が敵意むき出して向かってくれば、マリオも躊躇無く石原を殺していたに違いない。マリオのやりきれない気持ち、ぶつける先を失った怒り。この理不尽さを乗り越えなければならない。それを教えてくれているのは、節子[ CV:貫地谷しほり ]だと思う。この人は本当に強い。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« 聖痕のクェイサー(最終話:第24話) | トップページ | けいおん!!(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48706089

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(第12話):

« 聖痕のクェイサー(最終話:第24話) | トップページ | けいおん!!(第12話) »