« ジャイアントキリング(第13話) | トップページ | 荒川アンダー ザ ブリッジ(最終話:13 BRIDGE) »

WORKING!!(最終話:第13話)

▼最終話
麻耶[ CV:川瀬晶子 ]が喋った!!伊波[ CV:藤田咲 ]小鳥遊[ CV:福山潤 ]のデートもさることながら、フツーのホール担当、松本麻耶がフツーに登場していたところに全部もってかれてないか、これ?大丈夫?

伊波と小鳥遊のデートは、案の定、"女の子同士"でのデートになっちゃいました。それでも無計画だった割には、ジンギスカンを名指しで禁止してる素敵な公園で、お互い楽しそうにしてたんじゃない?伊波も何とか我慢したおかげで、今回は小鳥遊は1発も殴られてなかったぞ。ただし、それでも手を繋ぐところまでは行かなかったんだけどね。この二人、この先もずっとずっと見続けたい、実に魅力的な二人だ。

そんな二人を同じように温かく見守っていたのは意外にも佐藤[ CV:小野大輔 ]なんだよね。たぶん放っておくとあのままぽぷら[ CV:阿澄佳奈 ]山田[ CV:広橋涼 ]が暴走してデートは台無しになっていたに違いない。やはりそこは恋する男、無愛想に見えて分かってるじゃないか。そんなキャラクターの魅力が詰まった、実にWORKING!!らしい最終話でした。

▼痛快!バイトアニメ
ここのところジャンルとして定着しつつある平凡な日常をおもしろおかしく描く作品。このWORKING!!もその1つと数えて良いだろう。大事件は起こらないし、ラブコメと言いつつも基本的に登場人物たちの恋はそれほど進展せず。それなのに、見ていてとっても面白い。この面白さはやっぱり登場人物の個性に由来するものだろうな。ファミレスでのバイト経験は無いけれど、接客業ともなれば常に楽しいことばかりじゃないはず。そんな面倒な部分はさておいて、このワグナリアの光景を見ていると、この楽しい空間に俺も入ってみたいな~という気持ちにさせてくれる。

▼現代っ子、小鳥遊宗太
熱い性格を持っているわけでもなく、特別イケメンという訳でもなく。しかししかし、小さい物へは人並み外れた愛情を示す。何というか、アニメの主人公とは思えないくらいに普通の現代っ子なんだよね、この人は(笑)。それでもこの作品に中心にいるのはやっぱり小鳥遊。この小鳥遊の性格といい、ワグナリアでの立ち位置といい、実に心地良いんだよね。自分が小鳥遊と同じ場所にいるような気持ちで見ていると、実に心が落ち着きます。あれだけ伊波に殴られても尚ね。

▼SD制作なのがもったいない
関東地上波ではTOKYO MXでの放送のみ。制作予算の都合だろうか、SD制作のアップコンバート放送。この作品の命、登場人物の作画は非常にクオリティが高くて、いつもびくびくしながらも可愛さを随所に見せる伊波や、まさに小悪魔、なずな[ CV:斎藤桃子 ]の笑顔とか、これをさらに綺麗な画質で見てみたかったという気もする。ワグナリアの店内はもちろんこと、最終話で山田たちが訪れたアウトレット店をはじめ、背景の作画と設定が実にリアルで細かい。制作スタッフの意気込みと力の入れ方がはっきり分かるところだ。

WORKING!!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« ジャイアントキリング(第13話) | トップページ | 荒川アンダー ザ ブリッジ(最終話:13 BRIDGE) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48739040

この記事へのトラックバック一覧です: WORKING!!(最終話:第13話):

» WORKING!! 第13話 「デートと言う名の"決戦"、小鳥遊と伊波のそれから…」 [物理的領域の因果的閉包性]
決戦は変曜日 [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 03時13分

« ジャイアントキリング(第13話) | トップページ | 荒川アンダー ザ ブリッジ(最終話:13 BRIDGE) »