« 生徒会役員共(新番組:第1話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(新番組:第1話) »

世紀末オカルト学院(新番組:第1話)

10070701 アニメノチカラ第3弾はオカルトがテーマ。やはりこれまでのアニメノチカラの流れを考えると、背筋がゾッとするようなホラーにこだわった作品に仕上がっているんだろう。そうに違いない。そんな心構えで1話を見たもんだから、想像していた世界観とのギャップに思わず笑いが。

1話のヒーロー(ヒロイン)はやっぱりこずえ[ CV:花澤香菜 ]ってことになるだろうか。死霊パニックでの「メガネメガネ・・」はまさかの伏線。死霊と化してからもやっぱり「メガネメガネ・・」(笑)。しかもスマイル[ CV:高橋広樹 ]に本気でボコられたあげく、その後どうなったのかよく分からないまま1話が終わるという放置っぷり。

一方で、本当の主人公であるマヤ[ CV:日笠陽子 ]。色々と背負っている物がありそうだし、オカルトという物に対しては拒絶の意志というベクトルで強い気持ちがあるみたい。それにしてもこのマヤの服装といい、ムチムチっぷりといい、どうしてこもうエロく描くのか!テレ東ということで、絶対に見えない究極のチラリズムがこれからも展開されるんでしょう。

そして1話の最後に登場した裸の男[ CV:水島大宙 ]、おそらくはNo.6の内田。なんと言いますか、影とはいえ見えてはいけない物がモロに見えてますけど(笑)。オフィシャルサイトの設定によると2012年からタイムスリップしてきたそうですが、このシリアス感の無さはいったい何だ。想像外の脱力系展開で始まったオカルト学院。これは良い意味で予想を超えて楽しめるかもしれない。

意外性という意味では、EDの高垣彩陽もこれまたビックリ。こんな歌い方も出来るのか。音大卒、声楽専攻は伊達じゃない。

世紀末オカルト学院(@テレビ東京) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« 生徒会役員共(新番組:第1話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48815565

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末オカルト学院(新番組:第1話):

» (アニメ感想) 世紀末オカルト学院 第1話 「マヤの予言」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
君がいる場所【初回生産限定盤】クチコミを見る 長野県松代にある、私立ヴァルトシュタイン学院。通称「オカルト学院」。 霊や妖怪、UMA(未確認動物)など、あらゆるオカルト分野を専門的に学べることで有名な学校だ。 ある日、神代(くましろ)マヤという美少女が学院に...... [続きを読む]

受信: 2010年7月12日 (月) 02時45分

» ちょっとどころか、ある意味では夏アニメの... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 17時35分

« 生徒会役員共(新番組:第1話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(新番組:第1話) »