« 四畳半神話大系(最終話:第11話) | トップページ | アマガミSS(新番組:第1話) »

さらい屋五葉(最終話:第12話)

▼最終話
イチ[ CV:浪川大輔 ]にとって、「弥一」という存在の意味が変わった。今までは、誠ノ進としての自分を売った弥一に対する憎しみ、その中にあるそれでも弥一を信じたいというイチの胸中。そんな心の動揺を見せまいと平然と振る舞う。どう考えても弥一は無理をしていたんだろうな。真実を告げられ、そして弥一の墓の前でマサ[ CV:浪川大輔 ]に見せた涙。イチが「弥一」として生きていく事を決めた日だった。

▼生きるのが下手な男たち
イチをはじめとして、マサやマツ[ CV:内田夕夜 ]といったこの作品に登場する男たち。みんなタイプは違うんだけれど、どうにも不器用。自分の信念は持っているんだけれど、どうにもそれが原因で損な選択をしてしまっている。まさに生きる事に不器用な男たちなんだよね。それに比べておたけ[ CV:大浦冬華 ]お絹[ CV:高梁碧 ]の強いこと強いこと(笑)。そんな境遇だからこそ、ついつい男たちに同情的な視点で見てしまった。

▼派手な展開を期待しない
同じくオノ・ナツメ氏原作の「リストランテ・パラディーゾ」を見ていたからこそ、何となく分かっていた。おそらく、この作品は最初から最後まで、落ち着いた雰囲気の中で、静かに事件が起こり、そして静かに幕が下りてくるんだろうな、なと。櫻井孝宏や浪川大輔の落ち着いた演技も、それを予見させた。確かにちょっと物足りない感があることは否めない。ここは好き嫌いが分かれそうなポイントじゃないかな。

▼独特の絵柄を再現
オノ・ナツメ氏の描くキャラクターは、どこかけだるさを感じさせる独特の表情をしている。その作風を忠実にアニメーションとして動かす。最終話ではそのオノ・ナツメ氏も原画として参加。風景にしても登場人物の着ている服にしても、基本は質素で落ち着いた色調。その中で映える女たちの着る服の華麗な紅。映像作品としてトータルで完成度が高い。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

|

« 四畳半神話大系(最終話:第11話) | トップページ | アマガミSS(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48779381

この記事へのトラックバック一覧です: さらい屋五葉(最終話:第12話):

« 四畳半神話大系(最終話:第11話) | トップページ | アマガミSS(新番組:第1話) »