« オオカミさんと七人の仲間たち(第2話) | トップページ | 屍鬼(第2話) »

裏切りは僕の名前を知っている(第14話)

夕月[ CV:保志総一郎 ]ルカ[ CV:櫻井孝宏 ]。二人の優しさ、お互いがお互いを思う気持ちは間違えなく同じベクトルを向いているはず。それなのにすれ違ってしまう。傷つけることを避けようとするあまりに、二人の距離が開いていく。十瑚[ CV:井上麻里奈 ]の問いに背を向けたルカの姿が、その切なさを一層感じさせる。

バトルが一段落したこの14話、ストーリーとしては大きな転機、そして見せ場であったことは間違えない。しかしだ。いくら夕月が「かつて女の子だった」と言われても、今は純然たる男なわけで・・。エンディングに近づいてルカの口元がアップになり、そして見つめ合う二人。まさかキスとかしねーよなと。流石にそれは"まだ"大丈夫だったけど、あおの思わせぶりな演出は流石にヤバい。ソドム[ CV:石川桃子 ]も人間化したかと思えば、半ズボン少年だし。

そんなBL展開ながらも、やっぱり夕月の振る舞いには痛々しさを感じてしまう。ウジウジ主人公は嫌いだけれど、流石にここまで露骨に笑顔を作っている夕月の様子は、見ていて辛い。そしてそれはもちろん、ツヴァイルトの面々にも同じ事。そんな状況を知っていて、何かを告げる決意をした天白[ CV:子安武人 ]レイガ[ CV:石田彰 ]が天白が何かを隠しているような事を言っていただけに、天白の口から語られる言葉が気になる。

裏切りは僕の名前を知っている(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« オオカミさんと七人の仲間たち(第2話) | トップページ | 屍鬼(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48887521

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切りは僕の名前を知っている(第14話):

« オオカミさんと七人の仲間たち(第2話) | トップページ | 屍鬼(第2話) »