« ぬらりひょんの孫(新番組:第1話) | トップページ | けいおん!!(第14話) »

RAINBOW 二舎六房の七人(第14話)

内容的には完全に最終回。総集編が挟まったとは言え、やっぱりマリオ[ CV:小栗旬 ]石原[ CV:石井康嗣 ]を殺してしまったのか!?防波堤に一人座るマリオの姿は、まるで石原を海に沈めたかのような演出。やはりマリオの中でのアンチャン[ CV:小山力也 ]の存在の大きさを考えれば、これも致し方無しなのか。

そんな同情に浸り始めたところで、マリオが節子[ CV:貫地谷しほり ]に真実を告白する。石原を殺さなかったマリオの決断。マリオもホントに強くなったな。今ならアンチャンが二舎六房の仲間のためにとった行動の意味が、全て理解できるんじゃないか。そう思えるくらいにマリオはたくましくなった。

そしてマリオの節子を見る目に、アンチャンに対する尊敬の念とはまた違う物を感じざるを得ない。これは明らかに節子に惚れたな―。というかこの状況で好きにならない方がむしろ不思議だ。アンチャンの墓の前で節子が語りかけた「前に進む」は何を意味しているんだろう。どうやら次回以降、このへんがストーリーの中心になってきそう。

しかし節子のロングヘアは反則だな。ショートより絶対こっちの方が似合う。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« ぬらりひょんの孫(新番組:第1話) | トップページ | けいおん!!(第14話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48823326

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(第14話):

« ぬらりひょんの孫(新番組:第1話) | トップページ | けいおん!!(第14話) »