« ぬらりひょんの孫(第2話) | トップページ | けいおん!!(第15話) »

RAINBOW 二舎六房の七人(第15話)

後半のストーリーはどういう展開になるのかと思っていたんだけれど、なるほどこういう路線できたか。湘南特小からの脱走が、人間の負の部分を鋭くえぐり出す重たいストーリーだったのに対して、マリオ[ CV:小栗旬 ]を不起訴に持ち込むというこの後半のストーリーは、よりエンターテインメント性の高い印象。あくまで第一印象だから、まだ分からないけどね。

なにせこの検察官のヤバさときたら。ある意味で石原[ CV:石井康嗣 ]なんかよりもずっとやばい。ひたすら自分の正義感を貫くこのタイプの人間には、融通という言葉がおそらく辞書に載ってない。こんな状況であと11日しか無いって・・・。どうするんだ?

マリオがそんな状況に陥ってしまった原因の一つは、やはり節子[ CV:貫地谷しほり ]の結婚だよな。確かに化粧して着物を着た節子も良かったけれど、俺はやっぱり普段の飾りっ気のない節子の方が本来の節子の可愛さだと思う。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« ぬらりひょんの孫(第2話) | トップページ | けいおん!!(第15話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48878535

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(第15話):

« ぬらりひょんの孫(第2話) | トップページ | けいおん!!(第15話) »