« 祝福のカンパネラ(第5話) | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~(第5話) »

ジャイアントキリング(第18話)

引き分けの続いていたETUが新潟戦で黒星。このまま大阪ガンナーズ戦かと思っていたんだけど、傍目には「良くない状態」で首位の大阪戦に挑むように見えるだろうか?いや、少なくともこの18話での描かれ方はそうではなかった。むしろ新潟戦に負けたことで、再びETUが戦う組織・勝つための試合をするチームにまとまれたんじゃないか。俺はそんな気がする。

その大阪は、8-0という大勝でETU戦を迎える。Jリーグの中継で、解説者の誰かが言っていた言葉がふと思い出された。「大勝の後が実は一番チームとしての弱さが出る」らしい。もし大阪がETU戦に挑むにあたって、8-0で勝った勢いを出せる!と思っているとすると、ETUはそこにつけ込めるんじゃないだろうか?

達海[ CV:関智一 ]の対大阪戦の作戦はどうか?攻撃的なチームには守備的に戦って、カウンター勝負?もしこの作品が現実のサッカー、ことJリーグを舞台にしているとすれば、それは選択肢の1つではあるけれど、全てではない。攻撃的なチームに、敢えて攻撃的な布陣で挑む。これも1つの戦い方。どうやら達海は2トップを選択するようで、おそらくは攻撃中心の組み立てをしてくるに違いない。

この大阪戦、ETUのチームとしての成長を計る絶好の相手だ。しかしガンナーズのチャントのガンバ再現率には思わず笑ってしまった。アンブロ風のロゴといい、ユニフォームのデザインといい、完全にガンバがモデルなのは分かってはいたけど、あの独特のチャントまでそのままか。

ジャイアントキリング(@BShi) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 祝福のカンパネラ(第5話) | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49041602

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアントキリング(第18話):

» 疾風伝&GIANT KILLING&バクマン。 [別館ヒガシ日記]
疾風伝は苛立ち回だったけど &護衛の任務は微妙で メインで内面じゃなく残念だし [続きを読む]

受信: 2011年1月31日 (月) 18時06分

» ◎GIANTKILLING第18話#18 [ぺろぺろキャンディー]
ナツキのゴールで、浦和相手に引き分ける。4連続、引き分けがつづく。アカサキ、イエローカードを取られる。そして、試合は前半引き分け?アカサキが、ハマさんに文句言う。サイド... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 02時08分

« 祝福のカンパネラ(第5話) | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~(第5話) »