« 祝福のカンパネラ(第7話) | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~(第7話) »

ジャイアントキリング(第20話)

ガンナーズとの試合が遂にキックオフ。序盤から攻め立てられるETU。手に汗握る展開とはまさにこんな試合の流れを言うんだろうか。マンマークで守備の意識を徹底させたはずのETUのディフェンスをガンガンと突破にかかるガンナーズ。そのガンナーズの得点源、ハウアー[ CV:マイク・ジバーグ/三宅健太 ]のマークは[ CV:伊藤健太郎 ]

相手は格上のチーム、そして大型の外国人FWともなれば、なにより気持ちで負けない精神的なタフさが必要。そういう意味では、おそらく黒田は最適なマーカーだと思う。早速ハウアーの迫力に負けず、堂々と口げんかを挑むくらいだしね。とは言え、絶対的な馬力勝負、高さ勝負に持ち込まれるとやっぱり辛い。先制点はそのハウアーのヘッドから。やっぱりターゲットがいるチームに対しては、いかにクロスを上げさせないかというディフェンスが必要だったんだけど・・。

そして強いチームの怖いところ。それは単に一人を抑えればそれでどうにかなるわけじゃないってこと。確かにターゲットとしてのハウアーは目立つけれど、中盤でパスの供給源となるらしい志村[ CV:高瀬石光 ](20話では目立った活躍はなし。)、そして巧にボールを散らしてくる窪田[ CV:山中真尋 ]。この中盤を抑えないと、ETUに勝機はないぞ。

ジャイアントキリング(@BShi) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 祝福のカンパネラ(第7話) | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49158472

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアントキリング(第20話):

» 別館の予備(疾風伝&GIANT KILLING&バクマン。) [スポーツ瓦版]
別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 2月14日 疾風伝&GIANT KILLING&バクマン。 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月14日 (月) 19時23分

» ◎GIANTKILLING第20話#20 [ぺろぺろキャンディー]
大阪とETUの試合はじまる。富井副部長も観戦にきてた。クボタのマークがスギデ、ハウワーには黒田だった。サポーターが黒田で大丈夫かよというと、黙ってみてろと黒田が言う。地獄耳... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 03時15分

« 祝福のカンパネラ(第7話) | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~(第7話) »