« ぬらりひょんの孫(第6話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第19話) »

オオカミさんと七人の仲間たち(第6話)

ナレーション[ CV:新井里美 ]の前振りどおり、今回はちょっとシリアスな涼子[ CV:伊藤静 ]林檎[ CV:伊藤かな恵 ]の出会いのストーリー。唯一、ナレーションだけがおふざけモードでした。林檎の胸が中学の時だけ大きかったら、それはそれでおかしいって。

それでも、涼子が林檎に語ったらしい羊飼[ CV:諏訪部順一 ]との出来事は、まだ明らかにならず。雰囲気的には、やっぱり昔二人は付き合ってたってことかなぁ?これは早く亮士[ CV:入野自由 ]に強くなって、涼子に信頼してもらえるだけの男になってもらわないと。(それにしても電話で話すときの亮士は異様に強気で、むしろ笑える・・・。)

そして涼子のそんな過去の一部と共に、林檎の人間性も段々見えてきたな。確かに腹黒・愛想振りまきの八方美人には見えるけれど、本当に心を開いている人に見せる表情は、やっぱりそれとは違うよね。ジム帰りにすっかり機嫌が良くなってしまった涼子の様子をいとも簡単に見抜いて、手玉に取ってるあたりはある意味で恐ろしいけれど。

オオカミさんと七人の仲間たち(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« ぬらりひょんの孫(第6話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49122913

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミさんと七人の仲間たち(第6話):

« ぬらりひょんの孫(第6話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第19話) »