« 世紀末オカルト学院(第6話) | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち(第6話) »

ぬらりひょんの孫(第6話)

リクオ[ CV:福山潤 ]の命を狙っていたのは、やはり牛鬼[ CV:中田譲治 ]だったか。少年誌原作だし、もう少し単純な正義vs悪という構図を予想していただけに、思ったよりもヘビーで複雑な物語とキャラクターの立ち位置。結構深いな。

牛頭丸[ CV:吉野裕行 ]馬頭丸[ CV:保志総一郎 ]に上手いこと誘導され、バラバラにされたリクオたち。それでもリクオとゆら[ CV:前田愛 ]がそれぞれの組に入ったところは、不幸中の幸いか。となると、一人で行動しているカナ[ CV:平野綾 ]が一番心配だ。

リクオは雪女[ CV:堀江由衣 ]を守るため剣を取った!とは言え、今は人間バージョン。とても牛頭丸にかなうとは思えないけど・・。そしてゆらは馬頭丸に式神で対抗。とは言え、数を考えると少々不利か?どっちの戦いも気になるところで6話終了。これは面白くなってきたぞ。

ぬらりひょんの孫(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 世紀末オカルト学院(第6話) | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49122911

この記事へのトラックバック一覧です: ぬらりひょんの孫(第6話):

« 世紀末オカルト学院(第6話) | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち(第6話) »