« 刀語(第8話) | トップページ | ストライクウィッチーズ2(第6話) »

黒執事Ⅱ(第7話)

シエル[ CV:坂本真綾 ]アロイス[ CV:水樹奈々 ]、そしてセバスチャン[ CV:小野大輔 ]クロード[ CV:櫻井孝宏 ]の血なまぐさい殺し合いのはずだったのに、空気を読めないアホ子爵ドルイット[ CV:鈴木達央 ]がエビ(ザリガニ?)の被り物を身につけて登場。

それでも、今振り返ってみればこいつの存在で少し救われた感もあるか。そもそも、シエルがアロイスに抱いている憎しみは、セバスチャンとクロードが作りだした虚構そのもの。本来であれば存在しないはずの感情に踊らされ、そして自分の生きる意味すら見いだそうとしているシエルを見ていると、何でこんなに悲惨な道を迷わず進んでしまうのか、悲しくなってくる。

結果、シエルはアロイスの腹に憎しみの剣を突き立てる。クロードと契約している、つまりはおそらく既にその命を一度失っているのではないかと思われるアロイスが、この程度で本当に死ぬとは思いづらい。何より、セバスチャンはまだクロードとの密約を達成する気が無いように思える。シエルの魂はもちろんのこと、セバスチャンにはまだ他に目的があっても何の不思議もない。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

|

« 刀語(第8話) | トップページ | ストライクウィッチーズ2(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49148382

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事Ⅱ(第7話):

« 刀語(第8話) | トップページ | ストライクウィッチーズ2(第6話) »