« 世紀末オカルト学院(第5話) | トップページ | けいおん!!(第18話) »

RAINBOW 二舎六房の七人(第18話)

ちょっと小柄な背丈。セミロングで綺麗な金髪のストレートヘア。その後ろ姿を見て、もうピンと来た。振り返ったメグ[ CV:豊口めぐみ ]のその美しさに、思わず見とれてしまう。あの幼いながらに利用されてでも生きようとした幼い少女が、ここまで"女"に成長していたとは。それでもしかし、里親の元で生きる事を選んだはずのメグが、水商売にという疑問も。

キレイ事が通用しない世界の物語ということは理解していたはず。それでもメグがオヤジの誘いを頑なに拒否していた様子を見て、思わずホッとする。メグが今までどんな生活をしてきて、そして今どうやって生きているのかを想像するのはたやすい。それでも、どこかでメグは自分の身体を売ってでも生きていくという選択をしていないんじゃないか?という勝手な希望を抱いている自分がいる。

ましてや、このタイミングでジョー[ CV:羽染達也 ]との再会の舞台が用意されてしまうとは。向かうところ敵無しか?と思われたマネージャーの山内[ CV:小山茉美 ]も、力ずくで来られては万事休すか。何とかジョーとメグの再会を見届けたいけど、すれ違いも覚悟しないとダメか。

ちなみに、ジョーの歌は羽染達也本人が歌ってるって事で良いんだよな?相変わらず屍姫から演技の進歩はゼロだけど、歌はなかなか上手いな。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« 世紀末オカルト学院(第5話) | トップページ | けいおん!!(第18話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49063857

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(第18話):

« 世紀末オカルト学院(第5話) | トップページ | けいおん!!(第18話) »