« 祝福のカンパネラ(第10話) | トップページ | ジャイアントキリング(第23話) »

黒執事Ⅱ(第10話)

シエル[ CV:坂本真綾 ]の記憶に上書きされたアロイス[ CV:水樹奈々 ]の記憶。どうやら常に表の人格として表面化しているわけではないみたい。シエルにとって、セバスチャン[ CV:小野大輔 ]はあくまで今までのセバスチャン、クロード[ CV:櫻井孝宏 ]はクロードという認識があるようだ。

その二人がシエルの魂という"ごちそう"を目の前にして小競り合いをしているところに、どうやらつけ込んできそうなのがハンナ[ CV:平野綾 ]だ。ルカ[ CV:井上麻里奈 ]の街を焼き払った悪魔の存在、三つ子の記憶では肝心の顔が見えない・・・んだけど、これがクロード?それともまさかのハンナ?

物語も終盤でかなりシリアスな空気、重くなってきたストーリーをすこーしだけ緩くしてくれるグレル[ CV:福山潤 ]。ノリは脳天気でも残酷きわまりない死神。そういうイメージが染みついているだけに、ここまでアホに徹してくれるグレルも悪くない。

ストーリーと共にどうやら制作進行もかなり佳境に突入している模様。今回はエンドテロップの動画クレジットに多数の制作会社の名前が。バストアップのカットでは何とかクオリティを維持しているものの、引き気味のカットにおける作画の手抜き(顔無し、単色塗りなど)が凄まじい・・・。パッケージで修正するべきレベルの低さだと思う。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

|

« 祝福のカンパネラ(第10話) | トップページ | ジャイアントキリング(第23話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49351687

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事Ⅱ(第10話):

« 祝福のカンパネラ(第10話) | トップページ | ジャイアントキリング(第23話) »