« 世紀末オカルト学院(最終話:第13話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(総集編) »

あそびにいくヨ!(最終話:第12話)

▼最終話
騎央[ CV:田村睦心 ]を巡って険悪な雰囲気になってしまう真奈美[ CV:戸松遙 ]アオイ[ CV:花澤香菜 ]。しかも当の本人は相変わらずの鈍チン。ここでふと思ったのは、もしかしてキャーティア的には一夫多妻制だったりする?となれば、エリス[ CV:伊藤かな恵 ]も含めて万事解決!ラブコメ的には、この展開はアリでしょ。

そう思った矢先、エリスの口から衝撃的な一言が。なんとキャーティアは地球よりその辺が厳しいらしい(笑)。ということで、書類上の契約を交わさない愛人関係が無事成立。となれば何気に行動力ではアオイの勝ち。真っ先に騎央にキス。そして真奈美、エリス・・。何とも羨ましいシチュエーションの騎央。相変わらず自分の置かれてる美味しい立場をほとんど理解してないようなのんびりした表情。いや~、これはこの先も苦労するんじゃない?3人とも。

ジェンス[ CV:堀江由衣 ]の引き起こした騒動も一件落着。騎央を巡る幼なじみvs宇宙人vsクラスメイトの戦いも一応の決着。なんかあまりにもあっさり終わったような気もするけれど、ハッピーエンドということでめでたしめでたし。オフィシャルサイトによると、過激な描写が少ない!と不満の方々へ向けて、OVAがリリースされるようです。何気に興味ある(笑)。

▼序盤の勢いをキープできたか?
1話ではスピーディなストーリー展開に加えて、分かりやすい記号化されたキャラクターのおかげで、これは面白そう!という期待感が先行していた。ストーリーという観点からとらえるとどうだろうか?個人的には最終話があっさりと終わってしまった感があったのと同様に、ちょっと淡泊だったかな~という気はする。後半は真奈美とアオイが騎央を巡ってガチンコでぶつかり合っていた印象が強すぎた。ドギーシュアとの小競り合いで緊張状態が続き、そこへ追い打ちをかけるような身内のケンカ。せっかくのエリスの天然キャラも出番無し。このへんは好みの問題かもしれないな。これがつまらないってわけじゃなくて、俺としてはもう少し素直に笑える場面も欲しかった。

▼最強のキャラクター
ネコミミ宇宙人(巨乳+天然)、ツンデレ幼なじみ、貧乳清純美少女。ともすればみんなメインヒロインになれる位の豪華なラインナップ。となれば、やはりお気に入りのキャラクターを決めて、その娘の視点で楽しむのが俺的にはお勧め。じゃあ今回は誰の視点で見ていたかと言えば・・そこはもちろん、アオイです!性格的にはちょっと卑屈すぎ?と思う事もあったけれど、ビジュアル的には言うこと無し。基本的に胸がデカいキャラが多いアニメにおいて、このアオイの貧乳は天然記念物的サイズ。作画面でのこだわりが感じられます。無理に作品の世界観を俯瞰してみようとしたりすると、たぶん色々とつまらないことが気になってしまうんじゃないだろうか?細かいことを気にせず、お気に入りを決めて楽しんだもん勝ちだと思う。

▼メカへのこだわり
この作品における作画で最もこだわりの感じられた部分はどこか?アオイの貧乳はもちろんのこと、銃器や兵器といったメカの書き込みの細かさや重厚感。これがハンパない。俺はミリオタではないので実際に存在する武器と比べてどうか?という点についてはよく分からない。それでも、「きっと制作スタッフに大好きな人がいるんだろうな~」と思わせるディテール。当然その武器を扱うキャラクターの動きや発砲するときの構図も、こだわりの作画だったに違いない。もちろん、ジャンル的に「女の子が可愛いか?」という点が一番重要。それをしっかりと抑えた上でのプラスアルファ。HD画質で見てみたかった。

あそびにいくヨ!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC PLUS+

|

« 世紀末オカルト学院(最終話:第13話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(総集編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49600103

この記事へのトラックバック一覧です: あそびにいくヨ!(最終話:第12話):

« 世紀末オカルト学院(最終話:第13話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(総集編) »