« 裏切りは僕の名前を知っている(最終話:第24話) | トップページ | 伝説の勇者の伝説(第13話) »

アマガミSS(第13話)

デートの約束をすっぽかされ、雪の中家路に付く純一[ CV:前野智昭 ]。そこで偶然であった[ CV: ]の振る舞いは、どうも今まで俺が見てきた逢とは全く違うような。弟と過ごすクリスマス、あんなに嬉しそうにはしゃいでいる逢は、今のクールな逢の姿からは想像も付かず。いや、それもあくまで思春期を迎えたことによる変化でしかないのか?

そんな逢の面倒見の良さが垣間見えたのは、海岸で大判焼きを食べていたときのことだ。純一の食べ終わった紙を受け取ると、そのまま自分の鞄へ。年上とは言え、逢にとって純一って弟みたいに世話の焼ける存在、みたいな位置かな。まだ1エピソード目だし、純一としては好印象じゃないかと思ったんだけど、どうもその段階は既に終わっていて、次の段階に進んでいるみたい。ゴミを拾ってはしゃぐ純一を見る逢の目は、明らかに好意の目だったよね。

よくよく考えてもみれば、いくら水着を着ているとは言え必死にスカートの中を覗こうとしている変態純一を見て・・・普通は「可愛い」とは言わないよな。とは言え過去の偶然の出会いを覚えている様子も無いし、変態度なら向かうところ敵無しだけど、果たして純一のどこに惹かれているのか?オフィシャルサイトによると「家庭的な一面」があるらしいので、こういう母性本能をくすぐられる、放っておけないタイプの男性が好みなんだろうか。

ところで、公園でのブランコシーン。ここは敢えて逢のスカートの中を見せない方が、演出としては良かっただろうな~。だってTBSなんだもんね。見えてる=パンツじゃない=水着というオチがあの瞬間に分かってしまう。

アマガミSS(@TBS) / アニメーション制作:AIC

|

« 裏切りは僕の名前を知っている(最終話:第24話) | トップページ | 伝説の勇者の伝説(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49556825

この記事へのトラックバック一覧です: アマガミSS(第13話):

» アマガミSS13話の感想 [テレビとDVDと本が大好き日記]
 アマガミSS13話を観ました。今回から純一の相手は、純一の妹美也のクラスメイトである七咲逢です。  純一は、ブランコから飛び降りる七咲逢のスカートの中を観て、いきなり痴漢と間違われます。  でも、猫がキッカケで再び逢い、そこから、さらに、買い物に付き合うことになり急接近ですね。  来週が楽しみですね。 エビコレ+ アマガミ(今冬発売予定) 特典 オムニバスストーリー集「アマガミ -Various Artist- 0」付き TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ4 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 10時41分

« 裏切りは僕の名前を知っている(最終話:第24話) | トップページ | 伝説の勇者の伝説(第13話) »