« 海月姫(第2話) | トップページ | アマガミSS(第17話) »

屍鬼(第13話)

夏野[ CV:内山昂輝 ]に訪れた死。物語の主人公がそう簡単に死ぬはずがない、というお約束も屍鬼には通じなかったか。外場に出来たという葬儀社にしても、クリニックにしても、おそらくは兼正の息がかかっている。そもそも、土葬だからこそ「起き上がり」が発生したのに、もし葬儀社が火葬にしてしまったら・・?もうこれ以上の起き上がりは必要ないということなのか?

そして夏野とほぼ同じタイミングで起き上がりに血を吸われ、命を落とした尾崎[ CV:大川透 ]と妻、恭子[ CV:水谷優子 ]。その亡骸を氷で冷やすという尾崎の奇行。起き上がる瞬間をその目で確かめようとでもいうのか?尾崎の心はまだ死んでいないと信じたいが・・。

夏野がいなくなってしまい、もはやかおり[ CV:長嶋はるか ][ CV:川上慶子 ]だけではどうしようもないと思っていた矢先、室井[ CV:興津和幸 ]の父、信明[ CV:丸山詠二 ]が突如として行動を起こしたのか?

しかし室井ですら信明の行動の真意を理解できないんだから、俺に分かるわけもなく。兼正の思惑も考えも分からない。夏野が本当に抗うことなく、相手が[ CV:岡本信彦 ]だという理由だけで死を受け入れたのかも分からない。そしてその夏野の死体がどこへ運ばれたのかも分からない。一見すると、もうこの村はお終いと言っても良いような状態だ。

屍鬼(@フジテレビ) / アニメーション制作:童夢

|

« 海月姫(第2話) | トップページ | アマガミSS(第17話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49882122

この記事へのトラックバック一覧です: 屍鬼(第13話):

« 海月姫(第2話) | トップページ | アマガミSS(第17話) »