« 侵略!イカ娘(第4話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第16話) »

薄桜鬼 碧血録(第15話)

[ CV:伊藤葉純 ]が告げた事実。自分が千鶴[ CV:桑島法子 ]の兄であるということ、そして綱道[ CV:斎藤龍吾 ]が実の父親ではないということ。どちらも千鶴にとっては心を揺さぶられる衝撃的な真実だったはず。それでも取り乱さない。感情を爆発させない。

長い年月の末、巡り会えた兄妹の結末はあっけなく。風間[ CV:津田健次郎 ]の手によって薫は命を落とす。手をふるわせながら小太刀を握り、薫に対峙した千鶴。千鶴のたくましさを感じるのと同時に、新撰組って場所はそこまでして自分の感情を押し殺していないといけない場所になってしまったのか。そんな窮屈さと違和感も同時に感じた。

それにしても近藤[ CV:大川透 ]、人をまとめる力はあるんだろうけれど、戦場ではあまり役に立たないな・・。戦闘力という意味では、千鶴よりも低いかも?薫が刀を抜くまでもなく、あっさり吹き飛ばされてたし。ますます新撰組の行く末に暗雲立ちこめるな。

その新撰組からは原田[ CV:遊佐浩二 ]永倉[ CV:坪井智浩 ]が離脱。千鶴の置かれた状況も含めて、光明を見いだせないこの状況は息苦しい。

薄桜鬼 碧血録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 侵略!イカ娘(第4話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第16話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49864455

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録(第15話):

« 侵略!イカ娘(第4話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第16話) »