« 神のみぞ知るセカイ(第4話) | トップページ | 屍鬼(第13話) »

海月姫(第2話)

1週開いての2話だったけれど、1話の内容が強烈だっただけに、内容はすぐ思い出したし、この2話も楽しみだった。明らかに天水館のメンバーとは相性が悪そうな蔵之介[ CV:斎賀みつき ](未だに名乗ってない)。案の定、月海[ CV:花澤香菜 ]を含めて全員石化!

まやや[ CV:岡村朋美 ]ばんばさん[ CV:くまいもとこ ]の趣味を知っても特に引く様子も無く、それどころかますますフレンドリーに。確かに世間からは疎まれていると自負している人には、こういう"人当たりのいい人"って結構辛いんだよね・・・。その辺は少なからず同意してしまう。人によって心地よい距離感ってのは全然違うもんだ。

これでもう蔵之介が天水館の敷居をまたぐことは無いかな、なんてちょっと寂しい気持ちになっていたのに。まさか松坂牛の肉であっさりと打ち解けてしまうとは(笑)。そもそも蔵之介が国会議員の息子で超金持ちだったり、出来る男の代表みたいに見えたその蔵之介の兄、[ CV:諏訪部順一 ]オフィシャルサイトによるとなかなか癖のある人間だったり、まだまだドラマを複雑に、そして面白くしてくれる要素がたくさん詰まっていそう。

そもそも、蔵之介は月海以外には「オシャレさん」という位置づけだけれど、中身は男ですよ、男。こっちがバレたときが一番ヤバい気がする。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 神のみぞ知るセカイ(第4話) | トップページ | 屍鬼(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49882112

この記事へのトラックバック一覧です: 海月姫(第2話):

» 海月姫 第2話 [ACAデラックス]
松坂牛は石化も溶かす。(笑) 2話のサブタイトルは「スキヤキ・ウエスタン DJA [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 09時19分

« 神のみぞ知るセカイ(第4話) | トップページ | 屍鬼(第13話) »