« 荒川アンダー ザ ブリッジ*2(3 BRIDGE*2) | トップページ | おとめ妖怪ざくろ(第3話) »

薄桜鬼 碧血録(第14話)

千鶴[ CV:桑島法子 ]が加わった頃の新撰組の輝きはもうここには無い。勝ち目のない戦いと薄々感づいていても、決して止まることは許されない。近藤[ CV:大川透 ]の言葉にも、意気揚々とした強さよりも、決意と覚悟を決めたような悲壮感を感じてしまう。

そんな新撰組の中で、千鶴の役割も少しずつ変わってきている。以前は士気を高めるためのムードメーカー的なキャラクターだった。死を選ぶことをためらわない近藤を、必死で説得した千鶴の言葉には、もうそんな置物のような存在とはかけ離れた重さがあった。千鶴にとって新撰組で戦う事の意味は、決して命を無駄に落とすことではない。そんな千鶴の"武士"としての志が、近藤にも伝わったんだろう。

千鶴がその強さを見せる中、大量の羅刹を連れて現れたのは、雪村綱道[ CV:斎藤龍吾 ]。その表情からは、とても千鶴が探し求めていた父親の姿をうかがい知ることは出来ない・・。元々は新撰組を羅刹の実験の道具にしようとしていたらしい綱道。今引き連れているその軍勢は、新政府軍でも旧幕府軍でも無いのか?

これで役者は揃ったと言うことになるが、少なくとも綱道が千鶴の味方であるような気配は無い。さらに物語は混乱を極めそうな情勢だ。

薄桜鬼 碧血録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 荒川アンダー ザ ブリッジ*2(3 BRIDGE*2) | トップページ | おとめ妖怪ざくろ(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49791137

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録(第14話):

« 荒川アンダー ザ ブリッジ*2(3 BRIDGE*2) | トップページ | おとめ妖怪ざくろ(第3話) »