« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第3話) | トップページ | バクマン。(第4話) »

咎狗の血(第3話)

結局ケイスケ[ CV:杉田智和 ]はイグラに参加することにしたのか。では明らかに何かを隠しているかのような、そんな不審な態度だったんだけれど、本当にただただアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]を追ってきてるだけなのか?どう考えてもアキラの方が強そうだし、ケイスケがいない方がアキラにとっては動きやすいと思うんだけどな。

さて、今回はこのイグラの審判であるらしいいかにもな男。アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]が登場。ご丁寧にイグラの解説もしていただきました。しかしコイツの言動を見ている限り、少なくとも本当の権力者という雰囲気ではない。与えられたイスに座っているだけ、他人の力を自分の力と勘違いしている、そんな頭の悪さが垣間見える。遅かれ少なかれ、表舞台から去ることになりそうだ。

こうして一通りの登場人物とケイスケ・アキラコンビの接触が終わった。今のところは、やっぱり1話での感想を越える所には届いてないな。男ばっかりのこの世界観には、気がつけばそれほど違和感は感じなくなってるし、とりたててBLという雰囲気も感じさせない。そういう点では意外性があったかもしれないな。もう少し露骨な絡みとかあると思ってたんだけども。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第3話) | トップページ | バクマン。(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49827823

この記事へのトラックバック一覧です: 咎狗の血(第3話):

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第3話) | トップページ | バクマン。(第4話) »