« 咎狗の血(第3話) | トップページ | テガミバチ REVERSE(第4話) »

バクマン。(第4話)

秋人[ CV:日野聡 ]の言うことがもっともだと思った。最高[ CV:阿部敦 ]は「亜豆[ CV:早水沙織 ]を信じてる!」なんて言ってるけれど、衝撃の宣誓以来、一度もまともに話せてないんじゃない?高校に行けば誘惑も多い。ましてや違う高校でホントに大丈夫か?

そんな俺の疑心暗鬼も、道ですれ違った二人の初々しさを見れば、全く杞憂だったと言って良いかもね。亜豆のお母さん(美雪[ CV:井上喜久子 ])は最高と秋人には会ってるんだし、自分の娘と付き合ってるってことまで聞き出してるのに、敢えて知らない振りをしたのか?目を合わせるだけしか出来ない最高だけれど、漫画家になるという決意の強さの表れでもある。

しかし高校進学を目前にしての二人の決意。進学と夢、これってかなり大きな人生の節目だよね。だけど普通は中学から高校に進学する時なんて、そんな先のことまで考えていられない。「みんな高校には行くし、とりあえず行っておくか・・」程度にしか考えてないのが大多数。それからすれば、最高と秋人はそんな"その他大勢"とは違う、貴重な時間を過ごしていることは間違えない。

ストーリーのテンポが良いので、流石にちょっと上手くいきすぎな気もするけれど、それでもこの二人の夢、そして亜豆の夢を応援したくなる爽やかな展開が続いているな。

バクマン。(@NHK教育) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 咎狗の血(第3話) | トップページ | テガミバチ REVERSE(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49834926

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。(第4話):

« 咎狗の血(第3話) | トップページ | テガミバチ REVERSE(第4話) »