« テガミバチ REVERSE(第4話) | トップページ | 刀語(第10話) »

STAR DRIVER 輝きのタクト(第4話)

ワコ[ CV:早水沙織 ]の記憶に残るトーテムポールのある世界。この世界が幻だとしたら、その幻の世界を作りだした心の正体は、敢えて言わずもがな。二人きりの世界は、スガタメ[ CV:東山奈央 ]の"恋心"が作りだした幻だったけれど、タクト[ CV:宮野真守 ]とワコの心に芽生えた気持ちは、幻ではなかった。

ワコとの許嫁を「親が決めたこと」と受け流しているように見えるスガタ[ CV:福山潤 ]だけれど、タクトのワコの呼び方が変わったことはすぐに気がついた。スガタとワコ、ワコとタクト、そしてスガタとタクト。図らずもこの三人の関係のバランスが少しずつ崩れ始めているんだろうか。

今回の事件を仕掛けたのは、科学部所属のケイト[ CV:小清水亜美 ]。サイバディ戦を目前にして、即座にスガタメを引き上げさせ、結果としてタクトにダメージを与える事は出来なかった。それでも目的は達したと思わせぶりな笑顔を見せる。彼女たちの目的がワコの封印を解くことであると考えれば、ワコの精神状態を不安定にすることが最終的な目的なのかもしれない。

そのワコですが、幻の世界とは言えTBSとは思えぬサービスカットをお披露目。しかも日曜夕方の放送ですよ?ブラジャーまではOKになったのか?

STAR DRIVER 輝きのタクト(@TBS) / アニメーション制作:BONES

|

« テガミバチ REVERSE(第4話) | トップページ | 刀語(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49834957

この記事へのトラックバック一覧です: STAR DRIVER 輝きのタクト(第4話):

« テガミバチ REVERSE(第4話) | トップページ | 刀語(第10話) »