« 侵略!イカ娘(第5話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第17話) »

薄桜鬼 碧血録(第16話)

とらわれの身となった近藤[ CV:大川透 ]。フィクションでありながらこの作品はかなり史実に沿った展開となっているらしく、そうであれば新政府軍にとらえられた近藤が処刑されてしまうのも時間の問題と言うことになる。もちろん、土方[ CV:三木眞一郎 ]もそれを理解した上での後悔。

誰にも頼ることが出来ず、羅刹となり孤独に戦う土方の苦悩が、まさにあふれ出したような16話。身近にいる千鶴[ CV:桑島法子 ]に対して、甘えてはいけないという矜持を持っているんだろう。千鶴が土方のことを想い気に留めれば留めるほど、土方の葛藤はさらに大きくなっていく。

この第二期が始まってから、次々とその居を移す新撰組。その様子には、とてもじゃないけれど勢いを感じる事が出来ない。まさしく敗走が始まったとも言うべき印象。そこへきて近藤という精神的支柱を失い、さらには羅刹を巡って対立する山南[ CV:飛田展男 ]と土方。

ホントに回を追う毎に状況が悪くなる一方。このままじゃ気が滅入るぞ。せめて何か1つでも明かりを見いだすとすれば、それは千鶴の優しさということだろうか。

薄桜鬼 碧血録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 侵略!イカ娘(第5話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第17話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49919371

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録(第16話):

« 侵略!イカ娘(第5話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第17話) »