« 侵略!イカ娘(第6話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第18話) »

薄桜鬼 碧血録(第17話)

物語は徐々に新撰組という組織から、土方[ CV:三木眞一郎 ]とその土方を支える千鶴[ CV:桑島法子 ]、そして土方を目に仇にする風間[ CV:津田健次郎 ]という個人にその中心を移してきている。史実へのフィクション要素の組み合わせという点では、「徐々に」の部分の構成が良くできてる。

今まで近藤[ CV:大川透 ]ってちょっと間が抜けた陽気なおっさん程度のイメージだった。近藤が捕縛されてからの土方の様子を見ていると、新撰組という組織がその邸を成すためには、決して欠けてはいけない大事なピースだったことがよく分かる。それに加えて羅刹であるが故の苦悩。土方の精神的なダメージは想像に難くない。

そこで千鶴の出番です。何もそんなところの血を吸わせなくても・・とは思うものの、恋愛ADV原作なのにそれっぽい描写が少なかった薄桜鬼の中では、土方に想いを寄せている千鶴の心の奥を覗き見てしまったような、そんな背徳感すら感じられる貴重なシーン。

とは言え、情勢を察するに土方ももう勝ち目がないことは理解しているはず。果たしてそのプライドだけで、どこまで戦っていけるだろうか。

薄桜鬼 碧血録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 侵略!イカ娘(第6話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第18話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49992458

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録(第17話):

« 侵略!イカ娘(第6話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第18話) »