« 刀語(第11話) | トップページ | もっとTo Loveる(第7話) »

薄桜鬼 碧血録(第18話)

満身創痍―、今の新撰組と土方[ CV:三木眞一郎 ]の状態を表すのに、これほどピッタリ来る表現は無いんじゃないだろうか。その新撰組と土方に伝えられた近藤[ CV:大川透 ]斬首の事実。もちろん、分かってはいたはず。それでも、今の土方や沖田[ CV:森久保祥太郎 ]が受けた精神的なダメージは計り知れない。

羅刹を率いてなにやら企んでいた綱道[ CV:斎藤龍吉 ]だけど、どうやら原田[ CV:遊佐浩二 ]不知火[ CV:吉田裕秋 ](ちょっと演技が不自然なんですけど・・)によって葬り去られたのか?

直接的に死んだようには見えなかったのが気になるんだよね。もし綱道が羅刹になっていたとすると、いけに沈んだくらいじゃ死なないと思う。どちらにしても、千鶴[ CV:桑島法子 ]の「この後、二人と会うことはなかった」というナレーションはサラッと言ってのけるのはあまりに重い内容。もし綱道が死んでいたとすれば、千鶴はその事実すら知る術がないってことなのか?

回を追う毎に悲壮感がどんどんと増してくる。俺は結構こういう絶望的な展開と、そこに描かれる人間関係は好きなんだよね。そして何より、最後は結局予定調和で大勝利!みたいな甘い未来が全く見えていないという所が良い。史実に照らしてもそれは言えることだしね。

薄桜鬼 碧血録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 刀語(第11話) | トップページ | もっとTo Loveる(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50059515

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録(第18話):

« 刀語(第11話) | トップページ | もっとTo Loveる(第7話) »