« 侵略!イカ娘(第8話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第20話) »

薄桜鬼 碧血録(第19話)

会津藩で形勢を立て直す余力もなく、敗走を強いられる新撰組。その会津藩で出会った男、正木[ CV:石田彰 ]斎藤[ CV:鳥海浩輔 ]の配下に入ると決まった当初の正木の印象は「これまた扱いにくいヤツが出てきちゃったなぁ・・」というのが正直なところ。

「武士の精神」という言葉だけを聞けば立派に聞こえるけれど、その愚直すぎる彼らのこだわりこそが、新政府軍と幕府軍という対立を生んでいる根底にある1つの大きな隔たりなのかもしれない。当初は形式に頑なに守ろうとしていた正木は、斎藤の言葉の重みを身をもって知ったことで、その考えを大きく改めた。

みんながみんな、このくらい頭が柔らかければ今の争いは起きてないんだろうなと思う一方、やっぱり正木も「会津藩のため」という言葉で命を落とし、そして斎藤も「新撰組のため」という言葉でまさに今、その命をかけた戦いの終わりに向かっていく。

分かってる。そんなことは分かってるんだけど、どうにもやるせない気持ちの方が先に来てしまう、ここのところの薄桜鬼だ。もはや千鶴[ CV:桑島法子 ]にもどうすることも出来ない、といった感じだ。

薄桜鬼 碧血録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 侵略!イカ娘(第8話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50115339

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 碧血録(第19話):

« 侵略!イカ娘(第8話) | トップページ | ぬらりひょんの孫(第20話) »