« 薄桜鬼 碧血録(第19話) | トップページ | そらのおとしものf(第8話) »

ぬらりひょんの孫(第20話)

最初は静観、そして余裕を持って玉章[ CV:石田彰 ]に対峙していたはずのリクオ[ CV:福山潤 ]。今までのリクオの常識が全く通じないこの玉章相手に、どこまでリクオの平和主義が貫き通せるか。先に焦れた方が不利になるだろうな~と思っていた。

この状況に耐えられなくなってきたのは、やはりリクオの方だった。ぬらりひょん[ CV:大塚周夫 ]が不在という状況、そして猩影[ CV:星野貴紀 ]の単独行動。これらがリクオのプレッシャーになって、結果としてリクオは大きな重圧に晒されることになった。

とは言え、この状況は明らかにリクオが自身で作り出してしまった物なんだよね。俺もいつも昼間のリクオにはもどかしさを感じていた。確かに理想論はとっても耳障りがよいし、なんだか誰もが幸せになれるような印象を受けるんだけど、今のリクオたちが置かれている状況は、そんなに甘い物じゃない!ましてや奴良組に着いてきてくれる多くの妖怪を守らなくちゃいけないという観点で考えるならば、戦うという決断をすることも必要だ。

今回、ようやく人間のリクオが妖怪のリクオとまともな会話をしたようにも見えた。お互いがお互いの存在を認め合いつつ、リクオが玉章と戦う決意をしてくれたんだと信じたい。

ぬらりひょんの孫(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 薄桜鬼 碧血録(第19話) | トップページ | そらのおとしものf(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50115351

この記事へのトラックバック一覧です: ぬらりひょんの孫(第20話):

« 薄桜鬼 碧血録(第19話) | トップページ | そらのおとしものf(第8話) »