« えむえむっ!(第5話) | トップページ | 屍鬼(第14話) »

海月姫(第3話)

2話だったかな?天水館の存在が危ういのでは?と思わせる演出があったんだけど、[ CV:諏訪部順一 ]の言葉からそれがかなり確度の高い計画なんじゃないか?再開発計画はこの作品の根幹を揺るがす大きな事態になっていきそうだ。

さて、今回は月海[ CV:花澤香菜 ]がオシャレに挑戦!もちろん、自分の意志ではありません(笑)。それにしても天水館の面々、まさかの30歳越えとは。アニメ故年齢は不詳だったけれど、流石に「30代、ヲタ、ニート」(そして処女)と3拍子そろうと迫力が違うぞ。

月海の化粧に話を戻す。修が一目惚れするのも分かるぞ。だけど月海にとっては「オシャレ」という行為自体が自らの今までの人生と今の自分の存在を否定するかのような、そんな意味を持っているんじゃないだろうか。クレンジングも使わず、服がびしょ濡れになるのも構わずに、公園の水道で顔を洗う月海。何か違う。そう思ってしまったのも事実。

今の月海が人生を楽しんでいないとは思わない。だけど女の子としての楽しみをもっと知ってもらいたいという蔵之介[ CV:斎賀みつき ]の気持ちもよく分かる。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« えむえむっ!(第5話) | トップページ | 屍鬼(第14話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49945031

この記事へのトラックバック一覧です: 海月姫(第3話):

» 海月姫 第3話 [ACAデラックス]
子安武人の無駄使い? サブタイトルは2007年のディズニー映画「魔法にかけられて [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 14時05分

« えむえむっ!(第5話) | トップページ | 屍鬼(第14話) »