« それでも町は廻っている(第5話) | トップページ | 咎狗の血(第5話) »

とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第5話)

vsアニェーゼ[ CV:釘宮理恵 ]、決着!今回も追い込まれた当麻[ CV:阿部敦 ]のアイデアが冴える。教会の土地全体を大きな魔法陣にしたかと思えば、「あらかじめ配置された魔法」をイマジンブレイカーで撃破。一進一退の状況だっただけに、今回も当麻の機転を利かせた作戦は大成功だ。

オルソラ[ CV:遠藤綾 ]の知る法の書の解読方法は結局ダミー。天草式がイギリス清教の配下に付くということで、ローマ正教とイギリス清教の間にあった緊張も少しは緩んだだろうか。しかし今回の事件で一番得をしたのは・・?ローラ[ CV:川澄綾子 ]ステイル[ CV:谷山紀章 ]の会話を聞いている限り、この事件はまだ「終わった」と言い切れないのかも。

改めて思ったのは、やっぱりこの作品のストーリーの深さ。そしてバトルシーンの迫力。今回は特に音楽も良かったよね。雰囲気にピッタリ。1期よりも当麻が肉弾戦を挑むことが多くなってるけれど、これも記憶喪失の良い意味での効果なのか?次回はお馴染みレールガンの面々が久々登場。少し緩い雰囲気を楽しませてくれそうだ。インデックスの場合、それが実はストーリーの核と大きく関わってたりするんだけどね。

それにしても神裂[ CV:伊藤静 ]って当麻の前ではこんなに緩いキャラだったっけ?ちょっとイメージ変わったぞ。

とある魔術の禁書目録Ⅱ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« それでも町は廻っている(第5話) | トップページ | 咎狗の血(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49957451

この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第5話):

» (アニメ感想) とある魔術の禁書目録II 第5話 「蓮の杖(ロータスワンド)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とある魔術の禁書目録? 第1巻〈初回限定版〉 [Blu-ray]クチコミを見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音...... [続きを読む]

受信: 2010年11月10日 (水) 17時29分

« それでも町は廻っている(第5話) | トップページ | 咎狗の血(第5話) »