« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第5話) | トップページ | 伝説の勇者の伝説(第18話) »

咎狗の血(第5話)

アキラ[ CV:鳥海浩輔 ]、よく言った。流石に今回のケイスケ[ CV:杉田智和 ]の行動は鬱陶しい。気のせいか、おどおどしたあの物言いもいつにも増して耳障りだ。とは言え、ケイスケの回想シーンからも分かるように、この二人はやっぱり切っても切れない関係。もしケイスケの身に危険が迫ったとしたら?おそらくアキラは自分の蓑犠牲もいとわずに助けに来てもおかしくない。

そんな険悪なムードの原因となったのは、アキラが奪い取ったタグだ。これで実質的には初めてイグラに参加した、と言える。とは言え手に入れたタグは「4」。これをブタタグと言わずに何という。そしてアキラがタグを奪った相手は、明らかに「ライン」を使っていた。その副作用として突如死に至ったんだけど、おそらくアキラは状況を理解していない。

アキラとケイスケの関係は、徐々に変化しつつある雰囲気はある。一方で相変わらずストーリーやその他の要素にはあまりのめり込める要素が無いな。アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]に至っては、リアルに気持ち悪い・・。何か食べながら見てはいけないアニメだ。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第5話) | トップページ | 伝説の勇者の伝説(第18話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/49957457

この記事へのトラックバック一覧です: 咎狗の血(第5話):

» (アニメ感想) 咎狗の血 第5話 「決蔑/crack」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咎狗の血 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)クチコミを見る 死体が散乱した路上にひとり、またひとりと現れるイグラ参加者たち。シキがタグに興味を示さないことを知る彼らの狙いは、死者のタグだった。そんなハイエナたちに、リンはシキとすれ違った苛立ち....... [続きを読む]

受信: 2010年11月10日 (水) 16時07分

» 咎狗の血 04・05話 「休刑/ease・決蔑/crack」 [バカとヲタクと妄想獣]
ちょっと事情があってレビューが遅くなっています(全般的に ただ、咎狗に関しては更なる事情が…。 ヨペチコです。 [続きを読む]

受信: 2010年11月18日 (木) 15時17分

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第5話) | トップページ | 伝説の勇者の伝説(第18話) »