« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第8話) | トップページ | バクマン。(第9話) »

咎狗の血(第8話)

ケイスケ[ CV:杉田智和 ]がラインに手を出したのは、果たしてアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]が追い込んだからなのか、それともケイスケ自信の弱さなのか。

アキラは自分がケイスケを追い込んでしまったことを悔やんでいるけれど、俺はケイスケ自信の問題だと思うけどなぁ。アキラもアキラで、一度はケイスケを「鬱陶しい!」くらいの勢いで遠ざけていたはずなのに、今度は途端にケイスケを助けようと必死に動き出す。今までのアキラだったら、ラインに手を出したケイスケを突き放すくらいの"強さ"が欲しかったけどなぁ。どうにも中途半端な主人公になってきた。

どうやらケイスケとアキラはいずれも「エネド(ENEDO?)」なる組織に、被験者として囲われていたらしい。そしてそのエネドに所属していたのが、源泉[ CV:一条和矢 ]アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]。アキラの血については、生まれついての物なのか、それとも人体実験による副作用の産物なのか。

徐々に種明かしが進んではいるんだけれど、キャラクターとストーリーのリンクがイマイチなんだよな。アキラの性格豹変も含めて、個人的にはやはり盛り上がりは薄い。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第8話) | トップページ | バクマン。(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50154086

この記事へのトラックバック一覧です: 咎狗の血(第8話):

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第8話) | トップページ | バクマン。(第9話) »