« ぬらりひょんの孫(第20話) | トップページ | もっとTo Loveる(第8話) »

そらのおとしものf(第8話)

シリアスモードの「そらおと」はちょっとパワー不足、なんて今まで思っていたんだけど、今回は圧倒的だった。カオス[ CV:豊崎愛生 ]に徹底的に痛めつけられるニンフ[ CV:野水伊織 ]智樹[ CV:保志総一郎 ]の姿をしたカオスに抵抗することができないイカロス[ CV:早水沙織 ]。流石にこれはやばい。

ニンフ、イカロスのピンチとなれば、あとはアストレア[ CV:福原香織 ]だけが頼り。今回ばかりは、いつものアホの娘とは全く違ったアストレア。マスターの声を振り切り、自ら鎖を引きちぎったアストレア。今回ばかりは相当に格好良いぞ!これも電算能力が低いが故、感情にストレートに行動した結果かもしれない。

イカロスの智樹を想う気持ちが、ひとまずカオスを退けはした。とは言え、これで終わりとはとても思えない。あの程度で、あれだけ圧倒的な力を持つカオスを撃退できるとは、ちょっと考えにくい。近接戦、遠距離攻撃、そして作戦立案。3人のエンジェロイドの力を集めてこそ、カオスと初めて対等に戦えるんじゃないか?そのくらい、今回のカオスは圧倒的に見えた。

今回はED「踊り子」の雰囲気も含め、完全にシリアスで終わる、つまりデフォルメ智樹は登場しないと思いきや、最後には一応そらおとらしいオチが付いてました。

そらのおとしものf(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC ASTA

|

« ぬらりひょんの孫(第20話) | トップページ | もっとTo Loveる(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50122674

この記事へのトラックバック一覧です: そらのおとしものf(第8話):

« ぬらりひょんの孫(第20話) | トップページ | もっとTo Loveる(第8話) »