« バクマン。(第8話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第8話) »

テガミバチ REVERSE(第8話)

無条件で大歓迎のブルー・ノーツ・ブルース、そして村長のハリ・トーノフ[ CV:楠見尚己 ]。「僕たち何か後ろめたいことがありま~す!」と高らかに宣言するようなもんじゃないか。というわけで、こいつら何かおかしいぞ!?という疑いの目で見てました。

その真実は、テガミバチの心髄とも言える悲しい出来事だった。セリカ[ CV:植田佳奈 ]という女性に起きた出来事、そして二人の子ども。その子どもこそが、ニッチ[ CV:藤村歩 ]であり、ニッチ姉[ CV:小山茉美 ]であることは間違えない。

そしてこのセリカという女性の物語から、大きなヒントをもらった気がする。セリカは、自らの願いを叶える代わりに、自らの心を失った。つまりマカには、人の心を奪う力があるということになる。それってもしかして、逆も出来るってことは?そもそもゴーシュ[ CV:福山潤 ]が心を失った理由はまだ分かっていない。ゴーシュも、セリカと同じく何かの願いと引き替えに、自分の心を失ったとは考えれないだろうか。勝手な想像だけれど、色々とストーリーの伏線があったような気がする。

さて、ニッチ姉。ニッチと同じく喋るのはあんまり得意じゃないらしい(笑)。ニッチ姉のテロップもかわいそうだし、ここはラグ[ CV:沢城みゆき ]に名前を付けてもらうしか。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

|

« バクマン。(第8話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50094419

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ REVERSE(第8話):

» ◎テガミバチREVERSE第八話「ブルー・ノーツ・... [ぺろぺろキャンディー]
ブルーノーツブルースの人々はマカを崇拝してた。人が汚れた心を持つまではという。そして、あの里はニッチの生まれたところだった。そして、テガミバチだといってご馳走をだされる... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 02時49分

« バクマン。(第8話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第8話) »