« テガミバチ REVERSE(第11話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第11話) »

咎狗の血(第10話)

数少ない(唯一?)女性キャラクター、エマ[ CV:百々麻子 ]がやられてしまった・・。思えばアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]に罪を着せたのは自分だとか、ナノ[ CV:山崎たくみ ]こそが本来の目的だとか、ちょっと喋りすぎたよな。たぶんあの辺でフラグが立ってしまった。

今回はリン[ CV:福山潤 ]シキ[ CV:緑川光 ]のイ・ルレ戦が目玉!と思ったら、アキラの乱入とリンの敗北であっさり終了。その後、だんまりモードに突入していたはずのリンも、キリヲ[ CV:小西克幸 ]ゲンジ[ CV:谷山紀章 ]の登場ですっかり元通りに。

作画レベル、というよりも絵コンテのレベルから「あれ?」と思わせるくらいに前後の繋がりを無視したシーンがあってみたり、相変わらずの迷走状態。原作のストーリーもこんなに退屈で平坦な流れなのか?好きな人には申し訳ないけれど、流石にこの10話の内容では眠くてしょうがなかった。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« テガミバチ REVERSE(第11話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50283436

この記事へのトラックバック一覧です: 咎狗の血(第10話):

« テガミバチ REVERSE(第11話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第11話) »