« ヨスガノソラ(第11話) | トップページ | 侵略!イカ娘(第11話) »

おとめ妖怪ざくろ(第11話)

突羽根[ CV:大原さやか ]恵永[ CV:森川智之 ]の恋の物語。西王母桃[ CV:中原麻衣 ]が感じ取ったその悲しくて切なくて、そして突羽根の愛に満ちたエピソードに、気がつけば完全におとめ妖怪ざくろの世界観に包み込まれていた。

シンプルで分かりやすいラブストーリーではあるけれど、その単純さ故の面白さを存分に見せつけてくれた。11話はあっという間に時間が経ってしまったように感じた。それでも、神がかりの里でまだ突羽根は生きている?そんな少しばかりの希望を抱かせておきながら、花楯[ CV:近藤孝行 ]の冷たい言葉。「彼女は死んでも尚、その姿のままだ―」。

同じ母親から血を分けたはずの花楯こと沢鷹(おもだか)と西王母桃。なのにどうしてこんなにも悲しい運命をたどってしまうのか。沢鷹への怒りと同時に、虚しい気持ちになる。そして改めて、今の西王母桃の側には[ CV:櫻井孝宏 ]という存在が必要だと感じた。西王母桃と景の恋模様が突羽根と恵永に重なる―。

それでも景なら大丈夫。今回の景は自信を持ってそう言えるたくましさがあった。

おとめ妖怪ざくろ(@テレビ東京) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« ヨスガノソラ(第11話) | トップページ | 侵略!イカ娘(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50302704

この記事へのトラックバック一覧です: おとめ妖怪ざくろ(第11話):

» おとめ妖怪ざくろ テレ東(12/14) [ぬる~くまったりと]
第11話  ふれて、殻々と 屋敷を逃げ回る西王母桃。胸が痛い、ペンダントが光る。 [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 23時52分

» ◎おとめ妖怪ざくろ第十一話「ふれて、殻々... [ぺろぺろキャンディー]
ザクロくんは泣きながら逃げる。そして、ペンダントがひかりだす。そして、ザクロのママさんを発見。記憶がながれこんでくる。神がかりの里、ハンヨウの生まれた場所になぜいけない... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 16時48分

« ヨスガノソラ(第11話) | トップページ | 侵略!イカ娘(第11話) »