« 心霊探偵八雲(最終話:第13話) | トップページ | おとめ妖怪ざくろ(最終話:第13話) »

荒川アンダー ザ ブリッジ*2(最終話:13 BRIDGE*2)

▼最終話
シスター[ CV:子安武人 ]vsマリア[ CV:沢城みゆき ]の決勝戦後半!どっちが勝つのか?については何となく想像が出来るので、シスターの散り様とマリアの願いの中身が最大のポイントに。

予定通りに精神攻撃でシスターを撃破したマリアの願いは・・・意外と普通?いや、さりげなく羊の点呼で「昔の男」の名前をシスターに呼ばせるという強烈な最終奥義を繰り出してました。シスター、これは流石に死んだな(笑)。ちなみに、リク[ CV:神谷浩史 ][ CV:杉田智和 ]のイヌは違和感全く無し。

そして最後の最後、初めてニノ[ CV:坂本真綾 ]の願い事がリクの目に触れた。自ら進んで川に入っていくリク。荒川に来てニノと出会い、そして得たもの。その全てが積み重なったようなリクの言葉。打算でもなく、誰かの受け売りでもない。そんなリクの言葉は、間違えなくニノの心に届いていた。綺麗にフェイナーレを迎えた、そんな印象だ。

あれ、ところで火星に帰る話ははどうなったんだ・・・?

▼よりストーリー仕立てに
1期ではバラバラの内容を1回の放送分に詰め込んでいる事が多かったけれど、この2期では1回の放送で1つのストーリーが構成されている事も多々あった。内容のインパクトという意味では、短い枠で綺麗にオチがつくパターンも悪くないけれど、俺は1回の放送で起承転結が盛り込まれている方が好きかな。例えば今回の「荒川大様ゲーム」みたいな。荒川住人の行動や言葉はとにかく見てて飽きないので、画面に長く出しておくと「何かやらかしてくれるんじゃないか?」と期待してしまう。一部、ちょっとの登場ですらウザいキャラもいたけど(笑)。

▼大人になったリク
良い意味でも悪い意味でも、リクはかなり成長して大人になったと思う。1期のときはことある毎に言っていた「借りを作りたくない」という言葉。気がつけば2期では1度も口にしてないよな?父親の事もほとんど気にしていなかった。荒川に来たばっかりのリクでは、想像もできないほど頼もしくなっている。そして悪い方。昔はもう少しピュアでクソ真面目だったんだけど、インチキ・ズルをすることを覚えてきたな。それでもそのおかげでリクが「人間らしく」見えるようになった。これは成長と言って良いと思う。

▼改善された画質
1期の最終話で苦言を呈した画質。この2期で大幅に改善された。放送形態はSD(480i)アップコンバートと思われるものの、おそらくマスター素材が変更になっていると推測される。この変更はSHAFTのアニメとしてはかなり劇的。今までの酷かった色の飛び(特に白が酷い)、輪郭の激しいにじみと全体的な色バランスの違和感、これらが一気にまともに。こう書くとものすごい綺麗になった印象を受けるかもしれないけれど、あくまで「最悪画質」が「普通のアプコン画質」になっただけ。更なる改善をSHAFTには期待したい。

荒川アンダー ザ ブリッジ*2(@テレビ東京) / アニメーション制作:SHAFT

|

« 心霊探偵八雲(最終話:第13話) | トップページ | おとめ妖怪ざくろ(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50427272

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川アンダー ザ ブリッジ*2(最終話:13 BRIDGE*2):

« 心霊探偵八雲(最終話:第13話) | トップページ | おとめ妖怪ざくろ(最終話:第13話) »