« 侵略!イカ娘(最終話:第12話) | トップページ | もっとTo Loveる(最終話:第12話) »

ぬらりひょんの孫(最終話:第24話)

▼最終話
振り返ってみると、ここまでリクオ[ CV:福山潤 ]が本気で誰かと剣を交えた事があっただろうか?今まであまり見た記憶がない、妖怪Ver.リクオが本気で怒った顔。それだけ玉章[ CV:石田彰 ]の振る舞いはリクオにとって許し難いことだったんだろう。

朝を迎えれば、本来なら妖怪のリクオの出番はお終い。もちろん、人間のリクオに戻ってしまっては、玉章に勝ち目は無い。まさか人間リクオが火事場の馬鹿力で玉章に勝てるわけもないし、ぬらりひょん[ CV:大塚周夫 ]たちも間に合いそうもないし・・・。なんともヤキモキさせる、そして手に汗握る展開に。もう少し楽勝かと思ったの、玉章はやはり並大抵の強さじゃなかったってことだろうか。

そんな状況でリクオの取った行動は、「お互いを認め合う」ということ。これがリクオの本来の力、強さを存分に発揮した。改めて言うまでもないけれど、リクオの強さの源はその心。人間と妖怪の共生を願うリクオの心にあった。隠神刑部狸[ CV:森功至 ]の登場で、四国妖怪とも手打ちに終わり、事件は一件落着。まさにスカッとするような、リクオの潔さ。見てて実に気持ち良い。

次回は総集編でひとまず放送終了。さすがはジャンプ連載、オフィシャルサイトによると、早くも2期の制作も決定済みとのこと。果たして2期では清継[ CV:谷山紀章 ]と妖怪の出会いはあるのか?もちろん無いだろう。

▼軽快なテンポ
ちょっと早すぎ?と思うくらい、序盤はとにかくサクサクとストーリーが進む。最近は溜に溜めて、裏の裏をかいて、なんていう作品が増えているだけに、ちょっと単純すぎ?という気もしてたんだけど、慣れてくるとこれが実に小気味よい。昼間のリクオにしても、夜のリクオにしても、どちらも裏が無くて実直な性格。そんな二人の一直線な性格が、このストーリーの流れと両輪になって、物語のスピード感をさらに加速していた。ストーリーそのものは、やはりジャンプ作品と言うことで少々低年齢指向かな。

▼リクオを支える仲間
リクオを慕って集まるカナ[ CV:平野綾 ]たち人間の友達、そして雪女[ CV:堀江由衣 ]たち妖怪の側近。立場はちょっと違うけれど、どちらもリクオにとっては大切な仲間。この"仲間"という言葉の意味を、非常に強く意識させるキャラクターたち。それはやっぱり、この作品の根底に横たわる大きなテーマだからだと思う。そのテーマを意味ありげに隠したりすることなく、堂々と表に出して主張してくる。ここは少年漫画原作を強く感じるところ。嫌いじゃないけど、ちょっとおっさんには辛いかも(笑)。

▼CG多様は吉と出たかな
リクオはいつも同じ服だし、妖怪はもちろんいつも同じ格好。そしてカナたちも基本は制服。デザイン的には余裕があったと言って良いと思う。その分、作画クオリティの方にしっかりとパワーが割かれていたかな。背景周りには3DCGを多用していたし、エフェクトもAdobeのAfter Effect使ってみました的な、分かりやすいCGが多かった。マッチングという点においては違和感とまではいかないけど、「これでもか!」という印象はあったよね。それでも最大のポイントである妖怪同士の激しいバトルとか、リクオの畏れとか、キーとなる映像のインパクトは申し分無し。2期もこのクオリティでよろしく。一応、次週は総集編らしい。

ぬらりひょんの孫(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 侵略!イカ娘(最終話:第12話) | トップページ | もっとTo Loveる(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50372521

この記事へのトラックバック一覧です: ぬらりひょんの孫(最終話:第24話):

« 侵略!イカ娘(最終話:第12話) | トップページ | もっとTo Loveる(最終話:第12話) »