« えむえむっ!(第9話) | トップページ | 海月姫(第7話) »

神のみぞ知るセカイ(第9話)

本を愛する文学少女に花澤香菜。とくればやっぱり遠子先輩[ CV:花澤香菜 ](from文学少女)!今回の攻略ターゲット[ CV:花澤香菜 ]は、その遠子先輩とは全く違う女の子だな。桂馬[ CV:下野紘 ]の力説する「図書委員少女」とは少々というか、相当に違う雰囲気だし。

毎回新しいヒロインが登場する度に思うんだけれど、その女の子のキャラクターを印象づけるのが実に上手い。今回の栞の場合、本に囲まれた図書室という空間で自分の思いを躊躇せず、ただし心の中で怒濤の勢いで発し続ける。エルシィ[ CV:伊藤かな恵 ]が「消防車の本(おい・・)」をお願いした時のオドオドした様子とはまるで正反対。

これだけ本が好きで、そして自分の世界を構築していて、その幸せに浸っている女の子にどうして駆け魂が入り込んだんだろうか?大量に処分されようとしている本を目の前にすると、なんだかちょっとやるせないよな~という気分になるけれど、俺は栞の心の隙間はそこじゃないと思うんだよね。

むしろ図書室でいちゃつくカップルを見ていたときの方が答えじゃないんだろうか?エルシィの声にまったく気づかない様子だったあの栞が、本から意識をそらしてまで気にしていた。たぶん、栞は「恋」をしたいという自分の気持ちと、前に踏み出せない引っ込み思案な自分とのギャップで苦しんでいるんだと思う。

さて、ゲームと違って心が読めない状況で、桂馬はどうやって栞の本心を引っ張り出す?相変わらずエルシィは役に立たない気配だぞ。

神のみぞ知るセカイ(@テレビ東京) / アニメーション制作:マングローブ

|

« えむえむっ!(第9話) | トップページ | 海月姫(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50195153

この記事へのトラックバック一覧です: 神のみぞ知るセカイ(第9話):

« えむえむっ!(第9話) | トップページ | 海月姫(第7話) »