« 屍鬼(第20話) | トップページ | それでも町は廻っている(第11話) »

アマガミSS(第24話)

[ CV:名塚佳織 ]編も無事にハッピーエンドでフィナーレ!一時は「もしやバッドエンドなのか?」と思わせるくらいに純一[ CV:前野智昭 ]との距離を感じたけれど・・・。ここにきて純一がちょっと格好良かったな。自分の全てをさらけ出して、そして詞の全てを受け入れるという純一の言葉が、詞の心に届いた瞬間。まさかその答えが膝蹴りとは予想外だけど(笑)。

今回は名塚佳織も輪をかけて「作り上げれらた詞というキャラクター」を演じきっていたな。たぶんクラスメイトからは、今までの真面目な詞にしか見えなかったんじゃないだろうか?誰も不自然さを感じていない。そんな中で、純一の感じている違和感を共有するかのような詞の笑顔と穏やかな口調。「詞はこんなはずじゃない!」という気持ちで作品の雰囲気に飲み込まれていった。

だからこそ、膝蹴りの後、感情を爆発させて涙を抑えきれなくなった詞を見て、ちょっとホッとしちゃったよ。あ~、俺の好きな詞が帰ってきたっていう気持ち。最初は「真面目で清純な詞の恋ってどんな恋?」という期待で見始めた詞編のはずだけど、詞の本当の性格を知ってからはそれ以上に詞の魅力に取り憑かれてしまったような気分だ。高橋先生[ CV:早水リサ ]もナイスアシスト。彼氏ゲットのポイントは、明らかに酒だと思います。

一方で詞と[ CV:五十嵐愛子 ]との不仲、家族の問題には作中で触れられなかったな。これは原作orBlu-rayにお預けなのか?

アマガミSS(@TBS) / アニメーション制作:AIC

|

« 屍鬼(第20話) | トップページ | それでも町は廻っている(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50328194

この記事へのトラックバック一覧です: アマガミSS(第24話):

» (アニメ感想) アマガミSS 第24話 「絢辻詞編 最終章 ヤクソク」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
アマガミSS 5 中多紗江 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)クチコミを見る いよいよ綾辻編最終章・・・さて純一との恋の行方は・・・。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを ... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 03時59分

« 屍鬼(第20話) | トップページ | それでも町は廻っている(第11話) »