« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第13話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(新番組:第1話) »

GOSICK―ゴシック―(新番組:第1話)

11010801 ノベル原作。原作は未読。原作者の桜庭一樹氏は著名な女性ミステリー作家とのこと。そのあたりの前知識を全く入れずに見始めたので、ヴィクトリカ[ CV:悠木碧 ]が謎解きを始めたときには、ちょっとした驚きが。

時代背景とか、主人公の一弥[ CV:江口拓也 ]の置かれた環境の説明もほどほどに、神秘的な出会いを果たした一弥とヴィクトリカ。おどろおどろしい雰囲気のアバンとは打って変わって、幻想的で柔らかい光が印象的なソヴュールの地。その雰囲気に完全に飲み込まれていった。

肝心の事件の方は、まだ1話という事もあり、「この位置だとドアを開けるときの銃弾が当たったんじゃねーの?」という単純な予想が見事ビンゴ。それでも現場を一切見ずに、グレヴィール[ CV:木内秀信 ]の話だけで真実を言い当てたヴィクトリカ。彼女はいったい何者なのか、興味は尽きないところ。(一弥が思わず「ほっぺをぷに」したくなるのも分かるぞ!)

映像はとにかく美しいの一言。キャラクターも背景も、全てが丁寧で、まるで理想郷を描いているかのようなキラキラ感。退屈してみたり、拗ねてみたりするヴィクトリカの仕草や表情もとっても可愛い。安心のBONESクオリティ。

GOSICK―ゴシック―(@テレビ東京) / アニメーション制作:BONES

|

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第13話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50526614

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK―ゴシック―(新番組:第1話):

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第13話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(新番組:第1話) »