« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第17話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(第5話) »

GOSICK―ゴシック―(第5話)

時折見せる冷たい表情に「何かある」雰囲気だったアブリル―、もといクィアラン[ CV:豊口めぐみ ]。まさかニセモノだったとは。流石に今回は与えられた情報だけで真実にたどり着くのは難しかった。ヴィクトリカ[ CV:悠木碧 ]には、ちょっとの退屈しのぎにしかならなかったみたいだけどね。

今回のクィアランのエピソードは、単純な1つの事件としてだけではなく、一弥[ CV:江口拓也 ]のあだ名「春来る死神」とも繋がっていた。この手の言われなき俗称については、物語に起伏を付けるだけの出所のない材料ってことも多い。そこにちゃんと理由を付けてあり、その真実をヴィクトリカが解明する。これでますますヴィクトリカという存在が際立つな。

4話では少々ご機嫌斜めだったヴィクトリカ。今回は思わずにやけてしまうくらいな可愛いシーンが。一弥に横から本を覗かれてその距離感に戸惑うヴィクトリカ。相変わらず何にも意識してない一弥に、ほっぺた膨らませ作戦で対抗。う~む、今回の可愛さは今までの中でも相当に反則度が高い。

セシル先生[ CV:鹿野優以 ]もかなり頑張ってたんじゃない?幽霊が出る!と言われてメガネを外せば大丈夫と言い切るあたり、頭のネジのゆるみ具合が覗える。良い意味で。

GOSICK―ゴシック―(@テレビ東京) / アニメーション制作:BONES

|

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第17話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50785215

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK―ゴシック―(第5話):

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第17話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(第5話) »