« フリージング(第6話) | トップページ | テガミバチ REVERSE(第19話) »

GOSICK―ゴシック―(第6話)

普段は決して自分の身の上を語る事の無かったヴィクトリカ[ CV:悠木碧 ]。どれだけ興味を引く事件があったとしても、自ら進んで図書室の最上階から出ようとはしなかったヴィクトリカ。そのヴィクトリカが血相を変え、そして自ら旅に出る事を選んだ町、ホロヴィッツ。さらには母親である「コルデリア」の存在。これまでの事件とは、異質な空気、緊張感を感じるエピソードだ。

"殺人者の娘"というレッテルをはられ、蔑まれる事は承知の上で乗り込んでいるヴィクトリカ。それでもヴィクトリカがこのタイミングでこの町を訪れたからには、何か期する物があったんじゃないか。その理由の1つに、少なからず一弥[ CV:江口拓也 ]の存在があった、と思いたい。良い意味でね。ケンカしたから、とかじゃなくて・・。

それでもケンカしてふくれっ面のヴィクトリカも相当に可愛いな~。今回の事件は相当にシリアスなストーリーが展開されそうで、ヴィクトリカのいじけ顔もしばらくは見納めか?この6話で言えば、一弥がヴィクトリカの名前を呼びながら階段を上がってきた最初のシーン。散らかったお菓子と本の中で座っているヴィクトリカの神々しい、かつ可愛い姿が最高だった。

GOSICK―ゴシック―(@テレビ東京) / アニメーション制作:BONES

|

« フリージング(第6話) | トップページ | テガミバチ REVERSE(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50854814

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK―ゴシック―(第6話):

» GOSICK-ゴシック- 6話 [アニメ徒然草]
デコピンで絶交。デコピンで仲直り。というわけで、「GOSICK-ゴシック-」6話お忍び二人旅の巻。飽きっぽい。打たれ弱い。ほっぺぷくー。ほっぺ真っ赤。寝ぼけ。ヴィクトリカちゃんの一... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 08時27分

» GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」 [ボヘミアンな京都住まい]
まさか子ども同士の他愛もない喧嘩で1話分使い終わるのかともチラッと思いましたけど、さすがにそんなことはありませんでしたね(笑)。 母コルデリアの無実を晴らすべく、無断で図書館塔から外出する禁を犯してまで“灰色狼”の村に乗りこんできたヴィクトリカ。随分と大層な出迎えを受けてしまいましたが、彼女の願いは叶うのか否や・・・。 ところで、コルデリアの若い時の姿・・・たぶん初めてかな?映像で出ましたが、本当に母娘でソックリとも言えるほど似てましたね。ヴィクトリカをコルデリアと見間違えたグレヴィーヌがかなり狼狽... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 23時02分

» GOSICK 第6話 灰色のオオカミは同胞を呼びよせる [KAZUの暮らし]
アブリルも負けてないな、可愛いぜ 灰色オオカミの話し。 アブリルは久城よりもずっと社交的だったみたいで、お友達も増えてて学園生活充実してるみたいですね。 序盤から怪しいマジシャン出て来た・・・ ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 02時54分

« フリージング(第6話) | トップページ | テガミバチ REVERSE(第19話) »