« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第20話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(第8話) »

GOSICK―ゴシック―(第8話)

炎に包まれた街を見下ろす赤い髪の男。彼がブライアン・ロスコー[ CV:大川透 ]その人だろう。じゃあその横にいた、金髪のロングヘアーの女性は?ストーリーの展開から考えれば、ヴィクトリカ[ CV:悠木碧 ]の母、コルデリアだ。話の流れからしてもう生きていないのかと思っていたのに、コルデリアはまだ生きているのか?

この先の展開に含みを残しつつ終わりを迎えた今回の事件。夏至祭の最中に起こった事件よりも、ヴィクトリカにとってはコルデリアの事件の真相を暴く事こそが、その本来の目的。にも関わらず、夏至祭の事件を窃盗団の仲間割れとあっさり見抜いてしまった。この事件はコルデリアの過去とは一切関係が無かった訳だけど、それも分かってしまえばというだけの話。おかげでこの村事態が、何か因縁めいた場所というイメージを植え付けられていたような気がする。

そしてコルデリアに無実の罪を着せた犯人は、まさかのハーマイニア[ CV:桑島法子 ]。ちょっとおかしなところがある女だけど、まさか人を殺すところまで行き着いているとは思わなかった。しかもその理由が「神託」とは・・。それを避けようとしたあまり、結果として彼女はそのとおりの人生の終わりを迎える事となった。何とも皮肉な終焉だ。

いつもは基本的に無愛想を装っているヴィクトリカだけど、今回は本当に本気で一弥[ CV:江口拓也 ]を心配していた。あのペンダントは一弥はキャッチ出来なかったのかな?アレを落としてでも夢中で一弥の手を掴んでいた。ヴィクトリカの心が少しずつ開いてきているのを実感。

GOSICK―ゴシック―(@テレビ東京) / アニメーション制作:BONES

|

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第20話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/50973722

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK―ゴシック―(第8話):

« とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第20話) | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ(第8話) »