« 君に届け 2ND SEASON(最終話:第11話・第12話) | トップページ | これはゾンビですか?(最終話:第11話・第12話) »

ドラゴンクライシス!(最終話:第12話)

▼最終話
ここまでの流れを振り返ってみると、結局のところ「竜司[ CV:下野紘 ]ローズ[ CV:釘宮理恵 ]のためにという理由で別れる」「だけどやっぱり自分の気持ちに気づいてローズを取り戻しに行く」という展開を全12話で2回ほど繰り返しただけじゃない?3話でやったそれをもう1回やってるだけに見えた。

ローズがオニキス[ CV:神谷浩史 ]に連れて行かれた時点で、竜司が助けに行く事は自明だった。マルガ[ CV:堀江由衣 ]に促されてようやくその気になるイジイジっぷりは、もうちょっとどうにかならなかったのか。お約束の展開を拒否する訳じゃないんだけど、要はそこに持って行くための盛り上げ方も問題なんだよな。想像以上にあっけなく幕切れを迎えたという印象だ。

▼登場人物を活かしきれず
ローズ以外のキャラクターについては、基本的にその場その場のストーリーのためだけに用意されたような印象。ストーリーの連続性との関係が思うように描き切れてなかったんじゃないか。それが竜司の糧となり、積み重なってクライマックスに繋がる展開が理想。一応、最後のオニキスとの戦いではアイも加勢してくれたし、サフィ[ CV:加藤英美里 ]も竜司とローズに真剣に向き合ってくれていたのは分かった。もう一歩、シリーズ構成やシナリオの繋がりに工夫が欲しかった。

▼世界観は予想以上に単純明快
もう少しドラゴンの存在とかソサエティの位置づけが複雑に絡んでくるかと予想していたんだけど、そんなに難しく考える事はなかった。良くも悪くも表に見ている以上のモノは用意されていなかったっていう印象で、この作品が伝えたいであろうテーマに集中できるという点においては、分かりやすい世界観は歓迎されるべき。ネガティブな言い方をすれば、用意した食材を上手いこと料理できてないとも取れる。この辺はバランスが難しいところだから、人によってとらえ方は違うかな。

▼可もなく不可もない作画
作画については、総じて1話での印象がそのまま。3DCGでモデリングされてるクルマとか飛行機については、もう何の違和感もなく受け入れられるようになったから、2DCGとのギャップもあまり気にならず。アクションシーンも多かったこの作品だけど、その割にはあんまり印象に残ってないんだよね。なんでだろう。一方でドラゴンの瞳の表現はかなり良かったと思う。アップのシーンであの瞳を見ていると、吸い込まれるような気分だ。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 君に届け 2ND SEASON(最終話:第11話・第12話) | トップページ | これはゾンビですか?(最終話:第11話・第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51258397

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンクライシス!(最終話:第12話):

« 君に届け 2ND SEASON(最終話:第11話・第12話) | トップページ | これはゾンビですか?(最終話:第11話・第12話) »